fc2ブログ
神さまから不思議な力を授かった和尚さん♪病気を治したり神さまとお話ししたりそんな不思議が我が家の日常です☆
2023年08月10日 (木) | 編集 |
お盆ですね

今年は久しぶりに
故郷に帰省されて
お盆休みを過ごす方や
ご先祖さまのお墓参りに行かれる
方も多いのではないでしょうか?

お盆期間という事で
ご先祖さまのお供養の記事です



少し前に県外にお住いの
女性の方から
父方のご先祖さまのお供養を
お願いしたいとご依頼がありました。

近いお日にちで
お約束をさせて頂き
お供養をさせて頂きました。


2023_08_03_01.jpg


2023_08_03_02.jpg


2023_08_03_03.jpg

私の個人的なお話ですが
(前にも書いた事があるかも・・・)

私はお坊さんの黒い衣を着て
お供養をしている和尚さんが
一番好きです

すごく静かで安らかで
それでいて荘厳な空気が
その場に流れていて

お経の声を聞くと
お供養をしている方と共に
自分の魂も一緒に
鎮められて慰められるような
不思議な心地よさがあります



無事にお供養が終わったので
完了のご報告をさせて頂き
お供養の際にご先祖さまから
女性の方にメッセージを
お預かりしていたので
その事もお伝えさせて頂きました。

ご先祖さまからのメッセージは
お預かりする場合と
そうでない場合もありますが

今回の方の場合
非常にはっきりと個別に
生きておられた時代の違う
お二人の人物からそれぞれ
メッセージがあり

和尚さんのお話では
お一人は近代に近い方で
もう一人はお侍のような方で
あったそうですが

ご依頼者の方の
これからの人生において
色々な困難がある事を暗示されつつも
その事を乗り越えて実りのある
人生になるように、叱咤激励されるような
それでいてとてもご心配されておられる
暖かなメッセージをお伝えされて
おられたのがとても印象的でした



そして、お供養の際に
ご先祖さまがとても
喜んでおられたので
その事もお伝えさせて
頂いたのですが


女性の方:『先祖供養の
ご報告とお写真をいただきまして
誠にありがとうございます。
ご先祖さまからのメッセージを
いただけるとは、まったく思いもよらない
ことでしたので、大変うれしく思います。
ありがとうございます。
先祖供養をお願いした折、自分にも
誰かを喜ばせることができるなんて
役に立てることがあるなんて、と
とても感動しました。涙が出るくらいでした。
そんなふうに思えたのは初めてでした。
いろいろな仕事をしてきましたが
役に立っている気はほとんど
しておりませんでした。
ご先祖さまの供養をしてくださいまして
ありがとうございます。』



と、とても純粋に
誰かを喜ばせる事が出来たと
ご自身も喜んで下さっていたので
私も本当にとても嬉しい
気持ちになりました

そして、ご先祖さま達は子孫の方が
気に掛けて下さる事を本当に
とても喜んでおられるのだなあと
いつも感じます


あの世の人達からは
私たちが住んでいる
この世の事が全て
見えているそうです。

私たちの現在も過去も
未来の事もあちらからは
見えているそうなのですが
あちらの世界からは
ダイレクトに干渉する事は
あまり出来ないのだそうです。


それでも、あちらの世界にいらっしゃる
ご先祖さまたちには確実に
こちらの想いが伝わっていて

その想いにご先祖さまも
色々な方法で答えて下さって
いるのだなあとみなさんからの
ご報告を聞かせて頂き思います

(また改めて記事に
させて頂きたいと思います)




このお盆期間中みなさんも
ご先祖さまに接する
機会も多いかと思いますので


『ご先祖さま。
いつも見守って下さっていて
ありがとうございます』



と、心の中でお伝え
してみて下さいね

きっととても喜んで下さいますよ(^O^)/



このお盆休みは
台風で大変な事に
なっている地域も多く・・・(>_<)

さらに大きな台風がもう一つ
接近中ですので
みなさんどうか安全を第一に
くれぐれも気をつけてお過ごし下さいねm(__)m


ランキングに参加しています(*^^*)
いつもぽちっと応援ありがとうございます☆
とても励みになっています!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはこちらから☆
2023年07月05日 (水) | 編集 |
少し前の事です。


県外にお住いの
女性の方から


Mさん:『こんにちは。
いつもお世話になっております。
今回、2年前に祖母の七回忌の
お供養が出来なかったので
祖母のお供養をお願いさせて
頂きたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します』



と、祖母さんのお供養の
ご依頼がありました。



2023_07_05_04.jpg



ここ数年の間は
遠方にお住いの方からの
お供養の依頼が多く

コロナの事があって
なかなかお供養が出来なかったり
ご実家が墓じまいをされていて
永代供養をされているものの
やはり、ご先祖さまや肉親の
お供養をしてあげたいと思われて
お願いをされる方なども増えていて
色々と事情が変わってきているのだと
感じる事が多いです。


お供養のお約束をし
後日祖母さんのお供養を
させて頂いたのですが

お供養が終わった後
和尚さんが



和尚さん:『今日のお供養
ちょっと怖かった^^;』



しのぶ:『えっ?∑(゜ロ゜ノ)ノ』



(怖かった・・・・?
一体お供養中に何が・・・?)




和尚さん:『なんか結構上の方の
世界から祖母さんらしき人の
声が聞こえてきて、お孫さんへ
メッセージを伝えて欲しいっておっしゃってて
そのお声がちょっと厳しいというか
背筋が伸びるようなピシッとした感じの
お声の人やったんよ』



しのぶ:『そうだったんだ~
ビシッとした感じのお声の方だったんだね。
しかも上の方の世界から聞こえてくる
って言う事は祖母さんは天国の中でも
だいぶ上の方の世界にいらっしゃるっ
てことなのかな~?』



和尚さん:『恐らくそうやと思う。
でも、怒ってる雰囲気ではなくて
むしろ心配してくれてる感じで
"こちらのことは心配しなくて良いから
あなた自身がしっかりするのですよ"
という事と"良心を大切にするようにね"
っていう風におっしゃってた。』



しのぶ:『そっかあ。。。
なんかすごく心配して下さってる
感じが伝わってくるね・・・』



和尚さん:『うんうん^^』




お供養が無事に終わった事と
祖母さんからのメッセージを
Mさんにお伝えさせて頂くと


Mさん:『この度は祖母の
御供養を有難うございました。
お供養中のお写真と
動画も有難うございました。
和尚様の美声に私たちも癒されました。
和尚様に祖母の言葉を伝えて頂き
心から感謝申し上げます。
祖母が上の方の高い所からメッセージを
くれたことに感動しました。
祖母はとても気丈でしっかりした人でした。
最近、すぐにへこたれてしまいがちでしたが
祖母の言う通り自分自身しっかりと
常に良心を忘れないようにして
いきたいと思います^^
どうか神様、和尚様にもお礼をお伝え下さいませ。
いつも温かいお言葉を有難うございます』



と、とても
喜んで下さっていました



いつも和尚さんを通して
神さまから色々とあの世のお話などを
教えて頂いているのですが

あの世とこの世は
別次元にあるだけで
本当は繋がっているんだなあと
今回のお供養で改めて思いました。

今回の祖母さんのように
どんなに上の世界におられていても
この世のお孫さんの想いは
確実に届いていて
またあちらからも見ていて
下さるのだなあと思いました



2023_07_05_03.jpg



※ここから先は
私のイメージです



上の方の世界で
忙しくしていらっしゃる
祖母さんの元へ

地上からジリリリ
と電話がなり

天国のスタッフさんが


『○○さん、地上にいらっしゃる
お孫さんの代理人の方から
お電話入ってますよ~。
お孫さんがお供養をして
下さったみたいですよ~』


『えっ?孫が?(*^▽^*)
ちょっと私からも伝えて欲しい事が
あるからちょっと待って~』



みたいな事を
想像してしまいました




和尚さん:『お供養はしてあげたら
すごく喜ばれるけど
でも例えしてあげられなくても
あちらの世界からはこちらの事は
全部見えているから
その人を想う気持ちはちゃんと
あの世の人には伝わってるんだよ^^』



と、いつも
和尚さんはいいます。


色々なご事情で
忙しくてなかなか
お墓参りに行けなかったり

今回のコロナのような状況で
みんなで集まって手を合わせる事が
出来なかったとしても
お気持ちはあの世にちゃんと
伝わっているそうなので
どうかみなさんご安心下さいね


ランキングに参加しています(*^^*)
いつもぽちっと応援ありがとうございます☆
とても励みになっています!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはこちらから☆

2023年05月11日 (木) | 編集 |
少し前の事です。


県外にお住いの
女性の方から
亡くなられたお母さんの
お供養のご依頼を頂いて
和尚さんがお供養を
させて頂きました。



お供養の後
和尚さんが


和尚さん:『お母さん
天国にいらっしゃったよ。
30代くらいの若いお姿で
綺麗な方やったよ』



しのぶ:『え~!?∑(゜ロ゜ノ)ノ
お母さんはお若いお姿で
出て来られたんだね~!
そういえば以前に天国での年齢って
みんなだいたい30歳くらいだって
お不動さまがおっしゃってた
ような気がする・・・』



和尚さん:『うんうん。
でもお母さんなんか
えらい怒ってはったなあ。
この世で習ったあの世の事と
実際のあの世の事が全然違うって』



しのぶ:『この世で聞いた
あの世の事が
実際にあの世に行ったら
全然違っていたって・・・』



和尚さん:『お不動さんが
"宗教は神が作ったのではなく
人間が自分たちの都合の
良いように作ったものだからね"
っておっしゃってる。
あの世に行ったらこちらでは
当然みたいに教えられてきた事が
あっちに行ったら全然違ってるから
みんなビックリするみたいやで』



(何が違うのかという事は
また少しずつブログで書かせて
頂ければと思っています)




娘さんにお供養の
完了のご報告と
お母さんのご様子などを
お伝えさせて頂きました。


娘さん:『こんにちは。
今年も母のお供養をして頂き
本当にありがとうございました。
母の様子もお知らせ下さり
ありがとうございます。
母が30代くらいであったと
いう事、ビックリしました!
和尚さまはお経を唱えて
いらっしゃっても意識は母と
お話をされているんですね。
こちらの世界とあちらの世界では
物事の道理が違って怒って
いるって・・和尚さまに
大変失礼致しました。
でもしんどい人生だったのが
今は穏やかに暮らせているのは
何よりも嬉しいです』



しのぶ:『お母さんはあちらで
一息つかれておられるようで
本当に良かったですね。
Tさんがおっしゃられるように
和尚さんがあちらの世界と
繋がっている時って本当にすごく
不思議なんです。
体はお経をお唱えしているのに
霊体の一部があちらに連れて
行かれているのかなあと想像して
おりますが。。。また今度お尋ねして
みようかと思います



娘さん:『和尚さまが
お経をお唱えしている
時間軸とはまた違う時間軸で
動いていらっしゃるのでしょうか?
怖いけどぜひ知りたいです』



しのぶ:『Tさんのおっしゃる
時間軸説の方があり得るような
気がします^^;また今度ゆっくりと
お尋ねしてみますね』




と、そんなお話を娘さんと
させて頂いてしばらくしてから
和尚さんとお話していて
あの世の話題になったので
その流れで尋ねてみることに・・・



しのぶ:『先生~』


和尚さん:『ん?』


しのぶ:『先生ってお供養中や
ご祈祷中とかによく
あの世に連れて行かれて
あの世のあちこちを巡らされたり
地球外に連れて行かれたりしてるでしょ?
その時に地球外の人とお話したり
色々なものを見せて頂いたり
してるけど、その間は体は
こっちの世界で普通にお供養の
お経をお唱えしてたりご祈祷の
作法を進めていってるってそれは一体
どういう仕組みになってるの?』



和尚さん:『・・・・・えっ?(;・∀・)
急にそんな事言われても・・・。
勝手に神さまにビャーッって連れて
行かれてるから・・・・』




(ビャーッとか
ビューっとか言われても
私達一般人には
分からないんですが・・・( ̄▽ ̄;))



しのぶ:『以前にご家族の
お供養をされた方が
和尚さんがお経をお唱えしてるのに
あちらの世界につながって
あちらで会話をしてるっていうのが
すごく不思議ですっておっしゃってて
実際の所、どういう仕組みに
なってるのかなって^^;』



和尚さん:『全部神がされて
おられる事やから僕には
よく分からないんやけど
魂だけあっちに連れていかれる
感じかなあ~』



しのぶ:『でも、先生は
魂が抜けてても
肉体が眠ったりとかガクッて
突然意識失ったりしないでしょ?』



和尚さん:『ん~
魂が抜けるっていっても
完全に体から離脱するんじゃなくて
肉体と魂がヒモみたいなもので
つながっててそのヒモをつけたまま
あっちに行ってるイメージかなあ。
あと、こちらとあちらの世界では
そもそも次元が違うし時間の流れも
違ってるから、あっちの世界で
長い時間を過ごしたように
思っていても実際にこちらでは
一瞬の間くらいなんちゃうかなあ』



しのぶ:『その肉体と魂を繋ぐヒモって
先生がいつも言ってる魂の糸の事?』



和尚さん:『そうそう。
それが繋がってる限りは
肉体から魂が抜けて離れても
まだ死ではないんよ。
実際亡くなる前の人は
魂があっちにいったりこっちに戻ったり
その糸が繋がったまま行き来
してるんやけどね。
肉体が亡くなるから死ではなくて
その魂の糸みたいなのが切れて
肉体から魂が離れるから
死って言う事になるんやけどね』



しのぶ:『体が亡くなるから
魂が抜ける訳ではなくて
魂が抜けるから体が死を迎える
っていうことなんだよね?』



和尚さん:『うんうん』





なんか魂の糸の話とか
考えてると頭が
こんがらがってきそうですが・・・・



まとめると・・・


肉体と魂が
ヒモみたいなもので
繋がっていて

それが繋がったまま
和尚さんの魂は
あの世に行ったり
宇宙の他の星に行ってて

あの世や宇宙は
次元が違うから
時間の流れも違ってて
和尚さんがあっちで
長い時間神さまに
連れまわされていても
こちらでは一瞬しか
時間が経っていなくて

私達から見る和尚さんは
お経を唱えながら
一瞬だけ魂が
あっちに行ってるけど
一瞬過ぎて気が付かないので
和尚さんはいつも通りお経を
唱えているように見えてる・・・
って事でいいのでしょうか・・・?




しのぶ:『それって改めて
考えてみるとかなり危険というか
怖いような気がするんだけど。。。
だって、何かの手違いでいきなりヒモが
プチッて切れたりしたら・・・



和尚さん:『ヒモがいきなり
切れる事はないと思うけど
でも僕の意志とは関係なくほんまに
突然連れて行かれるんよ。
お不動さんが目の前に現れてくれて
"さあ、今からあの世に行きますよ
準備はいいですか?" "はい"
みたいなやり取りがある訳じゃなくて
突然連れて行かれてぽいって
置いていかれるみたいな感じ』



しのぶ:『それはちょっと・・・
いや・・・
だいぶ怖いかも。。。』



和尚さん:『最近はだいぶ
慣れて来たけど、初めて宇宙の
別の星にぽいってされた時は
ほんまに僕帰れるんやろかって
めちゃくちゃ不安になったなあ』




ぎゃあああ・・・・




和尚さんがお勤め中に
あの世に連れて行かれて
あちらの世界の方とお話したり
別の宇宙に連れて行かれたり
する事が日常茶飯事であるので
当たり前になってしまっていて
今まであまり深く考えた事が
なかったのですが


こんな仕組みになっていたとは・・・




まさに神業・・・・!!



魂をピッて抜いたり
戻したり
次元を軽々と越えたり・・・・

色々と深く考えると
深みにはまって余計に
分からなくなりそうですが

いつも和尚さんが
治療の時もお供養の時も
どんな時も



『全て神さまが
されておられる事だから』




と言っている意味が今回
改めて実感できたというか

人間の力や意志で
こんな事できるはずないなと
心の底から思いました


今回のブログ記事の
きっかけとなった
ご質問を下さったTさん☆
真相解明が大変遅くなりすみません
(さらに謎が深まった気もしますが。。。)

Tさんの疑問が少しでも
解決されておられましたら嬉しいです


ランキングに参加しています(*^^*)
いつもぽちっと応援ありがとうございます☆
とても励みになっています!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはこちらから☆

2023_04_17_01.jpg
風ちゃんの影☆
2022年10月19日 (水) | 編集 |
少し前の事です。


何十年も前に
生まれて間もなく
亡くなってしまわれたという
弟さんのお供養を和尚さんに
お願いしたいとお姉さんから
ご連絡がありました。


Oさん:『いつもありがとうございます。
急な申込で申し訳ありません。
弟は何十年も前に生まれた翌日に
亡くなりました。
私の記憶にはない弟ですが
今まで生活に追われて一度も
お供養らしいことをしてあげる事が
出来なかったのでお供養を
お願いできたらと思います。
そちらに伺う事はできませんが
よろしくお願い致します。』




色々なご事情があり
今まで弟さんの事を気に掛けて
あげる事が出来なかったと
お姉さんはとても気に
病んでおられるご様子でした・・・(>_<)



しのぶ:『Oさん、こんにちは。
弟さんのお供養の事
了解致しました。
こちらには来られずにお供養を
させて頂くという事も承知致しました。
和尚さんに弟さんの事を
お伝えさせて頂き弟さんの魂が
安らかでありますように
お供養をして頂きますねm(__)m』



Oさん:『どうぞよろしくお願い致します』



そして後日
お供養が無事に終わった後



和尚さん:『弟さんは
ちゃんと天国に行かれてたよ。
お姉さんが自分の事を気に掛けて
くれた事をすごく喜んでたんやけど・・・』




えっ・・・?



けど・・・・・?(;´・ω・)



しのぶ:『弟さんどうかしたの?』



和尚さん:『弟さんが
すごくお姉さんの事を
心配されててな~』



しのぶ:『えっ・・・?
弟さんは赤ちゃんの時に
亡くなられてるのに・・・?』



和尚さん:『弟さんは
もう天国におられるから
あまり亡くなった時の年齢は
関係がないんよ。』



しのぶ:『そっかあ・・・・。
弟さんは天国で
暮らしておられたの?』



和尚さん:『いいや。
もう生まれ変わって
おられるんちゃうかなあ。
僕今回初めて
"過去の記憶の部屋"の
中に入らせてもらって
そこで弟さんに会ったんよ』




えぇ~!?∑(゜ロ゜ノ)ノ



過去の記憶の部屋
というのは以前のブログに
書かせて頂いたのですが


2022_10_07_04.jpg


あの世にある扉の事で
その扉の向こうの部屋の中には
前世の自分が居るそうです。

(過去の記事
『過去の記憶の部屋・前編。』
『過去の記憶の部屋・後編。』をご参照。)




以前は和尚さんは
過去の記憶の部屋の中には
入る事ができないから
扉の向こうにおられる方が
会いに来てくれていると
言っていたのに・・・

いつの間にやら
扉の中に入れるように
なっているなんて・・・



和尚さん:『そうそう。
弟さんからお姉さんに
伝えて欲しい事があるって
メッセージも預かったんや』



しのぶ:『えっ?弟さんが
お姉さんにメッセージを?』



和尚さん:『うん。
その事を実行して行く事で
お姉さんが救われるからって。
ものすごくお姉さんの事を
心配しておられたよ。』



しのぶ:『そっかあ。。。(>_<)
あの世からはこの世の事が
全部見えているから弟さんは
お姉さんのこれからの事が
本当にとてもご心配なんだろうね・・・』




後日、お供養完了の
ご報告と共に
和尚さんが弟さんから
預かったメッセージを
お姉さんにお伝えすると



お姉さん:『弟のお供養をして頂き
本当にありがとうございました。
弟からの伝言は怖いお話でなくて
良かったです。でも
弟のメッセージは私の何十年来の
課題となっている事です』



と、おっしゃられていて
お姉さんご自身にも
心当たりがおありに
なる事のようで
弟さんからのメッセージで
さらにしっかりと心に
刻み付けられたご様子でした。



しのぶ:『でも、魂の世界の事を
この世の年齢で考えちゃ
いけないって頭では分かるんだけど
幼い魂がそんなにまで残された
ご家族の事を心配されてるなんて
すごく不思議だなあって思う・・・』



和尚さん:『神さまがおっしゃるには
幼くして亡くなる人の魂は
ほとんどがそのご家族や
周りの人に何かを伝える為に
神さまのお使いのお役目として
こちらにこられてるらしい』



しのぶ:『えっ・・・?
幼くして亡くなる方の魂は
元々神さまのお使いとして
生まれてきているって事・・・?』



和尚さん:『うん。あの世で神さまに
そのお役目を志願して
生まれてこられてるんだって。
神さまのお使いに天使さんが
おられるけど天使さんが
来られるまでもない場合に
降りてこられるみたい。つまり
天使さんのお使いさんてことやね。』





ええ・・・・・(>_<)


そんなお役目を持って
生まれてこられてるなんて。。。




しのぶ:『自分自身が犠牲になって
覚悟の上で生まれてくるなんて・・・(>_<)
でもそれはもう私たちなんかよりも
ずっとずっとレベルの高い魂って
事だよね・・・?』



和尚さん:『そうやなあ。
こういう方たちはとても純粋で
勇敢な戦士なんだって。
正確にいうと天使さんの
お使いさんって事やけど
天使さんが人間の肉体を借りて
この世に来てるって思ったら
いいと思うよ』




この世で幼い命が
なくなるというのは
本当に悲しくて辛すぎて
やりきれない事です。。。

でも、そんな風に
純粋で尊い魂が
色々なメッセージを
伝える為に降りてきて
くれてたのだと思うと
感謝の気持ちがこみ上げてきます。


どうか尊い魂が
お役目を終えて
今度はもっとたくさんの
色々な楽しい経験が出来ますように
心からお祈りしています。


ランキングに参加しています(*^^*)
いつもぽちっと応援ありがとうございます☆
とても励みになっています!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはこちらから☆

2022_10_04.jpg
お不動さまに綺麗なお花のお供えを
ありがとうございます

2022年09月14日 (水) | 編集 |
ここ最近、真夏
帰ってきたかのような
暑い日が続いていますね


先日お寺にお参りに
来られた方の子供さんの
通う学校で
体育祭の練習中に
熱中症で運ばれた生徒さんが
続出したと聞きました・・・

みなさんは熱中症など
大丈夫でしょうか?


2022_08_06_01.jpg


少しさかのぼり・・・

お盆前後は
近辺の方や遠方の方など
色々な地域の方から
ご先祖さまのお供養の
お問い合わせや
ご依頼がありました



Sさん:『いつもお世話になっております。
今回は先祖供養をお願い申し上げます。
お墓が他府県にあり、コロナの状況も
あってなかなかお参りできず
親も気にしております。
お墓の場所など必要でしたらお知らせください。
先祖供養のご依頼が初めてで、
よくわからなくて申し訳ありませんが
どうぞよろしくお願いいたします』



しのぶ:『こんにちは。
ご先祖さまのお供養の事
了解致しました。
お墓の住所などがなくても
お供養はさせて頂けますので
ご安心下さいね』




後日、
ご先祖さまのお供養が
無事に完了した事を
ご連絡をさせて頂くと


Sさん:『先祖のお供養をしていただき、
誠にありがとうございました。
両親も大変喜んで、感謝しております。
写真もお送りいただき、さらにご先祖の
言葉もお伝えいただけるなんて
とても感動しました!今までずっと
お墓参りできていないことが
気になりながらも、何もできずに
過ごしてきたのが申し訳ない気持ちです。
これから、できれば定期的に
お供養をお願いしたいと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。』




と、とても喜んで下さって
私達もとても嬉しかったです


お供養の時にご先祖さまが
とっても喜んで下さっていて
それを聞いたご家族の方も
すごく喜んで下さって
本当に暖かい気持ちになりました



コロナの感染が始まってからは
特に県外や遠方の方からの
お供養のお願いも増えていて

今は行動制限がないというものの
みなさん、自主的に自粛したり
行動に慎重になっておられる
方も多いと思います。



なかなか帰省して仏壇に
手を合わせたり
お墓参りが出来なくて
ご先祖さまに申し訳ないと
心を傷めておられる方も
いらっしゃると思いますが

あちらの世界からは
こちらの世界の事は
全て見えているので
ご先祖さまたちも



『私達の事よりも
そっちも気を付けるんだよ~』




と、子孫の事を
いつもとても暖かく見守って
下さっているのでどうか
ご安心下さいね


でも、ご先祖さまもご家族も
みなさんが喜んで下さって
本当に良かったです


ランキングに参加しています(*^^*)
いつもぽちっと応援ありがとうございます☆
とても励みになっています!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはこちらから☆
2022年08月30日 (火) | 編集 |
前回の記事



『お供養のお話。-天国のお父さんと
生まれ変わりの仕組み・前編-』



の続きです



前回の記事では
天国におられるお父さんが
今ご自分がおられる天国よりも
もっと上の天国に行ってみたいと
奮闘されている現場(?)に

お供養中の和尚さんが
天国まで連れて行かれて
そこにはなぜかもう一人の
和尚さんが・・・!

その和尚さんが謎の
ご真言をお唱えした後
お不動さまが現れて・・・・・?


           




2022_08_27_04.jpg




しのぶ:『そのお不動さまって
うちのお不動さま?』



和尚さん:『ううん。
うちのお不動さんじゃなくて
違うお不動さんやった。しかも
そのお不動さんって僕と背丈が
同じくらいなんよ。それやのに
手の平に乗りなさいっておっしゃるから
お父さんも"えぇ?どうやって手の平に
乗るんですか?"って驚いてて^^;』



しのぶ:『た・・・確かに
それは乗れない・・・( ̄▽ ̄;)』



和尚さん:『じゃあ、その次の瞬間に
お不動さんが巨大化して
もうお父さんが手の平の上に
乗ってはったんよ』



しのぶ:『わあ~っ




出た

神さま方の必殺

変幻自在術!
(※神さまは大きくなったり小さくなったり
動物になったり人間になったり
光の玉になったりと変幻自在なのです)




和尚さん:『それでそのまま
お父さんはお不動さんと一緒に
上に飛んで行かれたから
今は生まれ変わる準備を
されてると思うよ^^』



しのぶ:『そっかあ!
良かった~!でも、今回の
一連の事はお父さんが今の
天国でののんびりした生活よりも
上の段階に行きたいって思われたから
お不動さまが導いて下さったって
事だよね?』



和尚さん:『そうやなあ。
お父さんもきっと最初は
天国での生活に満足しておられた
やろうけど上の人の会話や様子を聞いて
もっと自分も上のレベルに行きたいって
思われたんやろうなあ。
人はこの世に生まれ変わって
苦しい事をたくさん経験して
それを乗り越える事でしか魂を
成長させることはできひんからなあ』


しのぶ:『天国では自分と同じ考えや
同じレベルの人ばかりが集まってるから
居心地は良いだろうけど・・・・
成長はないって事なんだよね。
だからあえて苦しいこの世に生まれて
色々なしんどい事を経験して
成長しよう!って生まれる前は
誰でも思ってると思うけど
自分もそうだけど、生まれてきたら
しんどい事は嫌だ、楽して生きたい
しんどい苦しい事からは逃げたいって
なってしまうんだよね~(T_T)』



和尚さん:『神さまはその人が
より成長できるように
色々な事象を目の前に持ってきて
くれてるんやけどでもそれと同時に
神さまは人間全員に自由な権利を
与えて下さってるから』



しのぶ:『自由な権利?』


和尚さん:『うん。神さまは
人間全員に成長するチャンスを
常に平等に与えて下さってるんやけど
それに対して、強制はされてなくて
がんばるもよし、さぼるもよし。
それらは全てその人自身に
委ねられてることなんよ。』



しのぶ:『だから人は
何度も何度も生まれ変わって
くるんだねろうね。。。(>_<)』




がんばった人は
がんばった分魂が成長して
上の段階に進むけど

さぼった人は成長せずに
同じ場所をずっとぐるぐる
してるってことかあ。。。

しかもそれらは全て
自分で自由に選択してる
事なんだなあ。。。



しのぶ:『以前に神さまが
"目の前に分かれ道が来たら
苦しい方を選びなさい"って
教えて下さったけど・・
おっしゃってた意味が今ストンと
自分の胸の中に落ちた気がする。
自分たちから見たら苦しい道に
見えるけど、実はそっちの方が
早道なんだと思う。。。』



和尚さん:『天国は家みたいなもので
この世は学校みたいなものやからね。
天国では困ったり苦しんだりする事が
ないから魂が成長することはない。
例えばレベル1の天国に居たとして
レベル2の天国に行ってみたいと思っても
見えない壁みたいなものがあって
決して行く事はできないんよ。
でもレベル2の人がレベル1の人の所に
来ることは出来るんやけどね。
上から下へは降りてこれるけど
下から上には上がる事はできないんよ。』



しのぶ:『きっと、みんな生まれる前は
今度こそは前回クリアできなかった
課題をクリアするぞ!って決心して
この世に生まれ変わってきてて
でも、生まれてくるとあの世での
記憶はなくなってしまうから
苦しさから逃げてしまったり
拒否したりして遠回りをして
しまってるんだろうね・・・・』




(あの世ではレベルを
上げる事を望んでこの世に
生まれ変わって来てるのに
実際に生まれてくると
しんどい場面に直面した時に
逃げ出したくなってしまう。。。
こんな私の事を神さまは
どのようにご覧になられてるのかなあ。。。)



和尚さん:『それが普通の感情やけどな。
誰だって苦しい事は避けたいし
それに神さまも大きな事は望んで
おられへんから、例え少しでもその人が
前進できたらそれでええんよ。』



しのぶ:『私、天国で
平和に暮らしたい~って
ごねてたところを
痺れを切らした神さまに天国から
蹴り出されて生まれ変わって
来たのかも知れない・・・(-_-;)』



和尚さん:『はは。でもみんな
しばらくしたらまた生まれ変わりたいって
自然と思うようになると思うよ^^
魂が上に行けばいくほど素晴らしい
世界が待ってるからね。』





神さまがいつも教えて下さる
人がこの世に生まれてくる
理由はたった二つ。



罪の償いの為

魂の成長の為





罪を償う為には
自分自身が苦しむしか
方法はないと以前に
神さまに教えて頂きました。

そして苦しんで
色々な経験をする事で
魂は成長します。

罪を償うという事と
魂の成長というのは
表裏一体のものなのだなあと
今回のお供養の出来事で
改めて考えさせられました


ご自身の成長を望み
自ら果敢に生まれ変わる事を
希望されてお不動さまと共に
新たなステージに旅立たれたお父さん。

お父さんが新たな生を受けて
この世に生まれ変わって来られて
また今世でも色々な苦労や
困難が待ち受けている事と思いますが
再びあの世に召された時に
ご自身が行きたかったステージへ
ステップアップ出来る事を
願わずにはいられません。



いつも治療やお供養を通して
色々な事を神さまから教えて
頂いているので

これからもその事を
少しでもブログを通して
みなさんにお伝え出来れば
と思います


ランキングに参加しています(*^^*)
いつもぽちっと応援ありがとうございます☆
とても励みになっています!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはこちらから☆

2022_08_21_03.jpg
東京から治療に来られた方がお供え下さった
ひよこ饅頭可愛くて美味しくて大好きなのです☆
ご夫婦お2人に久しぶりにお会い出来て
とっても嬉しかったです☆ありがとうございました
(ひよこちゃん。私が開ける時に目の上に傷をつけてしまい
片まゆ毛の悲し気な顔になってしまいました)

2022年08月27日 (土) | 編集 |
少し前の事です。


以前からご自身や
ご家族の遠隔治療などを
度々受けていらっしゃる
県外にお住いのYさんという方から
亡くなられたお父さんのお供養を
和尚さんにお願いしたいと
ご依頼がありました。



お供養が終わったあと
和尚さんが



和尚さん:『お供養中に
なんか不思議な光景を
見せられた~』



しのぶ:『えっ?
不思議な光景??(・_・;)』



和尚さん:『うん。
お父さんらしき人が坂道を
登っておられて、坂道といっても
なだらかな山道というのか
横にお花もいっぱい咲いてて
すごく綺麗で・・・・』




2022_08_27_02.jpg



しのぶ:『お花がいっぱい
綺麗に咲いてるって事は
天国に行かれてるって事かなあ。』



和尚さん:『そうやね。
あそこは天国やね。
それでその山の坂道を
お父さんは登っておられるんやけど
上からはたくさん人が降りて来てて
なぜかお坊さん姿の僕自身も
坂の上から降りて来てて・・・』



しのぶ:『えっ?(;・∀・)
お坊さん姿の先生が上から降りてくる
天国の人の中に混じってたの・・・?』




なんで先生が
天国の人に混じってるの~!?



一体どういうこと~!?( ̄▽ ̄;)



和尚さん:『そうそう。
なぜか僕自身もそこにいてて
そこで、お父さんを見てるんやけど
お父さんはすごく一生懸命
坂道を登ろうとしてるんやけど
上に進む事が出来なくて
ずっとルームランナーみたいな
道を歩いてるみたいに
進んでも進んでも進めなくて
でもずっと上に登ろうとしてるんよ』



しのぶ:『え~・・・・。』


一体どういう事なんだろう・・・・(>_<)



和尚さん:『それで
あの世の僕がお父さんに
"どうしたんですか?"って、
尋ねたらお父さんが"上から
とても楽しそうな声が聞こえて
くるからそこの村に行きたいんです。
でも、いくら歩いても歩いても上の村に
どうしても行けないんです"
っておっしゃたんよ。』




・・・・・・


・・・・それって



もしかして・・・?




しのぶ:『先生、もしかして
それってよく神さまが
教えて下さる・・・・』



和尚さん:『うん、そう。
今お父さんがいる天国よりも
上のレベルの天国があるって事に
お父さんは気が付いてそこに
なんとか行きたくて行こうと
してて、でも行けなくて困ってたみたい』




以前から何度も
天国のお話を和尚さんを通して
神さまから教えて頂いているのですが
あの世には天国も地獄も
無数にあって、みんな自分の
魂のレベルに応じて行く場所が
違っているのだそうです。

お父さんのように天国に行った人は
最初はその場所で安らぎを得て
自分と同じ考えやレベルの人達が
同じ村の仲間としているので
居心地もよくて満足して
毎日を過ごしているのだそうですが

ふとした時に
自分よりレベルの高い
天国にいる人達の会話が
聞こえてくることがあるのだそうです。

そしてその会話を聞いているうちに
自分もその場所に行ってみたい
その場所に居る人達と話してみたい
と思うようになるそうです



和尚さん:『それで、あの世の僕が
お父さんに"それは無理ですよ。
一度生まれ変わって、一生懸命働いて
たくさん苦しい経験もして一生を終えないと
上には行けないんですよ"って
伝えてたんやけどね』



しのぶ:『そっかあ。。。』



和尚さん:『お父さんはしばらく
考えておられたんやけど
"どうやったら生まれ変われるんですか?"
ってあの世の僕に聞いてはって
そうこうしてたらあの世の僕が
今までに聞いた事がないご真言を
唱え始めたんや』



しのぶ:『えぇ~?
先生でも聞いた事のないご真言を
あの世の先生が・・・・
うーん・・・(-ω-;)』




今回のお話には
和尚さんが2人登場するので
だんだん私もブログを書きながら
混乱してくるのですが


あの世の和尚さん
(お坊さんの衣を着ている)
お父さんと会話をしている

この世の和尚さんは
お父さんとお坊さんの和尚さんの
会話を第三者的に見ている



こんな感じに思って
もらえたら良いと思います



あの世の和尚さんが
ご真言をお唱えしてから
しばらくすると
お不動さまが現れて
お父さんに向かって



お不動さま:『この
手の平の上に乗りなさい』



と、おっしゃられたそうです



えぇ~!?




天国に突然
お姿を現されたお不動さま



お父さんは一体どうなるの~?



次回に続きます。


『お供養のお話。
-天国のお父さんと生まれ変わりの仕組み・後編-』




ランキングに参加しています(*^^*)
いつもぽちっと応援ありがとうございます☆
とても励みになっています!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはこちらから☆