FC2ブログ
神さまから不思議な力を授かった和尚さん♪病気を治したり神さまとお話ししたりそんな不思議が我が家の日常です☆
2019年12月07日 (土) | 編集 |
少し前の事です


和尚さんは徳島県の
剣山(つるぎさん)へ
修行の旅に行ってきました


2019_11_29_01.jpg

以前より龍神さまから
剣山に来るようにと
お呼びがかかっていたのですが
忙しくてなかなか行くことが出来なくて

ようやく行かせて頂く事が出来ました



剣山は龍神さまがおっしゃるには


"龍の寝床"


なのだそうです



和尚さん:『えっ?龍の寝床って
龍さんたちが集まって寝てはるんですか?』



龍さん:『寝るんじゃない!会議してるんや!



(・・・和尚さんたら・・天然なんだから・・・・(笑)( ̄▽ ̄;))



全国の龍神さまが一同に
集まって会議する場所なので
一度来なさいと言われていたみたいです




剣山の頂上に着くとそこには
色とりどりのたくさんの龍神さまが
集まっておられたそうです


和尚さんのお話によると
剣山には多い時には
2000体もの龍神さまが集まる事があるとか~


2000体って・・・・・(;・∀・)




龍神さまってそんなにたくさん
いらっしゃるんだ・・・・


・・・


・・・・・


(想像しただけで恐ろしい光景なんですが・・・・・)




ブログを読んで下さっている方は
お気付きの方もあるかもしれませんが

最近の和尚さんは
龍神さまとのご縁が
とても深くなって来ているんです


神さまのカードから始まり
お祓いの龍神さまの髭
そして、今回の剣山。


2019_11_29_03.jpg


お不動さまがおっしゃるには
龍神さまは龍族としての独立した権限を
神さまから与えられていて

神さまの御心に沿った
美しい生き方をしている人には
とても大きなお力を貸して下さるそうです。

その反面、非常にプライドが高くて
清廉潔白というか
お厳しい面もあるのだそうですが


2019_11_29_04.jpg


今回剣山に行かせて頂いたのは
今まで様々なお力を
和尚さんに与えて下さった事へのお礼参りと


『私たちは生涯、神さま・仏さまにお仕えします。
その代わりに私たちが困った時はどうかお力を
お貸しください』



という契約を
新たに龍神さまとして頂く為に
行かせて頂いたのでした。



龍神さま一族は、その契約を受け入れて下さり
今後、和尚さんはもちろんの事
これから神さまの治療を継承していく
2代目、3代目にも同じように力を貸すという事を
お約束下さいました




全国2000体の
龍神さま一族がお味方に・・・・!



本当にすごすぎます!(>_<)



その分、課せられる責任も重たいですが・・・。




契約を無事にして頂き
剣山から帰ろうとする和尚さんに
一体の龍神さまが近付いてこられて
口から霧のようなものをぶわーっと
吐いて吹きかけて下さったのだそうです☆


これは私の想像ですが
これから改めて龍神さまの一族が
お力を貸して下さるという
証だったのかもしれません(*´ω`*)

(祝福のドラゴンブレスだったのかも)



ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはクウちゃんバナーから(*^^*)
2019年11月28日 (木) | 編集 |
先月の始め頃和尚さんは
岡山県にある吉備津神社(きびつじんじゃ)さんに
お参りに行かせて頂きました。



2019_10_27_01.jpg

吉備津神社さんは
あの桃太郎のモデルになった
神さまがお祀りされている神社なのです☆


今回和尚さんはそこの別社にお祀りされている
少彦名命(すくなひこなのみこと)さまから
治療の力のプレゼントを頂いたのだそうです

※少彦名さまは医療・薬などをつかさどる神さまです



少彦名さまは治療の力のうちでも



・アトピーを治す力
・伝染病を治す力




この2つの力を
強めて下さったのだそうです




アトピーと・・・・


伝染病・・・・・?





・・・・・伝染病って



エボラ熱とか

豚コレラとか?





なんていうか・・・


アトピーはすごく身近というか
なっている人が多い病気で
でも伝染病って日本では
普段あんまり聞かないと思うのですが

少彦名さまはなぜこの2つの病気を治す力を
強めて下さったんだろう・・・・



力を高めて頂けたのは
とても嬉しいことなんですが

これから、日本で
さらにアトピーの人が増えるとか
伝染病が流行るとかだったら嫌だな。。。


ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはクウちゃんバナーから(*^^*)
2019年09月22日 (日) | 編集 |
前回の記事『九尾さんのいざない。-殺生石と九尾さん-』
の続きです☆


2019_08_30_02.jpg



"今から雨を降らせるから待っていなさい"



と、金色の巨大九尾さんから
ご指示を受けた和尚さん



金色の九尾さん:『この雨はすぐに止むから帰るなよ~』


和尚さん:『はい・・・』



あまりにも激しい雨が
急に降ってきたので
観光地にも関わらず人もまばらに。

降りしきる雨の中
九尾さんのご指示どおりに
雨宿りをしながら雨が止むのを待っていると


あれだけ降っていた雨が
急に小降りになってきたかと思うと
空の色も明るくなってきて
灰色の雲がパカっと割れて光が・・・・!




(あっ・・・晴れた・・・・・・)



そう思った瞬間
雲間から青空が見えて
光が差し込んできたのだそうです



金色九尾さん:『ここに来て手を出しなさい』


和尚さん:『あ、はい』



九尾さんはどうやら
雨を急に降らせて人払いを
されていたみたいです


差し込む光の中で
和尚さんが両手を前に出すと
九尾さんは2つの玉を和尚さんに授けて下さったそうです




和尚さん:『右手には物の価値を測る玉、左手には未来を見通す玉を
入れて下さったんよ~。』



しのぶ:『えっ・・・・・・?∑(゜ロ゜ノ)ノ物の価値を測る玉と・・・・
未来を見通す玉ーーーー!?
今さらっとすごい事言わなかった~!?』





右手には"物の価値を測る玉"

左手には"未来を見通す玉"



またまたすごいお力を頂いてしまった和尚さん




和尚さん:『ただし、この玉はあちきじゃなくて
2代目に授けてくれたみたいよ~。』



しのぶ:『えっ?2代目ちゃんに?』


和尚さん:『これから必要になってくるんやって~』


しのぶ:『そうなんや~・・・。でも確かに2代目ちゃんって
一見しっかりしてそうに見えるけど先生と一緒で
なんか騙されそうというかうっかりしてるとこあるもんね・・・・(・_・;)』




姫といい先生といい2代目ちゃんといい
神さまにお仕えする人って
どうもぼんやりしてるというか危なっかしいというか・・・

純粋なんだなあと思います



でも、和尚さんを側で見ていて
男の人でもこの神さまの治療をしていくのは
並大抵な精神力ではやれないと感じるのに

女性の2代目ちゃんは
もっともっと大変だろうなあと
正直私たちも心配なトコロです


もちろん、神さまに見込まれた人なので
そこら辺の男の人よりよっぽど根性座ってますが
きっと九尾さんは2代目ちゃんを心配して
2つの玉を授けて下さったんだろうなあ~・・・・( ;∀;)




和尚さん:『大きい九尾さんも
"ゲストハウスの100円運動はええな~"って言ってはったよ^^』



しのぶ:『え~?ほんとに~?嬉しいなあ(*^_^*)』


和尚さん:『"おもしろそうやな~"って。
"おもいしろい事はええ事やし、おもしろい事は広がるぞ~"っ
て言うてはったわ~』



しのぶ:『九尾さんはおもしろい事が大好きだもんね~!』


和尚さん:『"一族みんなで応援してるからな~"って
巨大九尾さんの周りに子九尾さんもいっぱいお姿見せてくれたで~^^』



しのぶ:『え~!?子九尾さんがいっぱいいたの~?




【★しのぶ豆知識★】

子九尾(こきゅうび)さんとは
九尾さん一族の子供の九尾さんでの事です(*^▽^*)
和尚さんいわく、子犬くらいの大きさの子九尾さんや
手のひらサイズ、さらにはもっと小さな子九尾さんもいるそうです☆
時々、うちのお堂にも現れてお供えの果物の上に乗ったり
その辺でなわとびしたりして遊んでます(笑)




和尚さん:『うん。なんか、しっぽをプロペラみたいにくるくる回して
雨をはじき飛ばしてる子九尾さんとか
しっぽを広げてパラシュートみたいにひゅーんって
飛んで遊んでる子九尾さんとか
馬飛びしてる子とかいっぱいおったよ~』



しのぶ:『何それ・・・・可愛すぎるんですけど・・・・(>_<)』



ちっちゃい子九尾さんがその辺に
わーい♪わーい♪って
いっぱいたわむれてるなんて・・・・


想像しただけで可愛すぎて・・・・



九尾さん一族の応援を受けて
勇気が出た和尚さんと私たちなのでした(*´ω`*)


2019_08_30_05.jpg
千体地蔵さま。


ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはクウちゃんバナーから(*^^*)
2019年09月19日 (木) | 編集 |
7月の半ば頃
和尚さんは、栃木県の那須町にある
殺生石に行って来ました

※殺生石(せっしょうせき)・・・栃木県那須町の那須湯本温泉付近に存在する溶岩。



実は今年の春ごろに
九尾さんから殺生石に来るようにと
お達しがあったのです




和尚さん:『なあなあ、しのぶ~。今さっき九尾さんが来られて
"いつでもいいからまた殺生石に来なさい"って言われた~』




殺生石!?∑(゜ロ゜ノ)ノ



しのぶ:『殺生石って確か、悪さをした九尾の狐が石になったって
伝説のある殺生石のこと?』




和尚さん:『あちき、実はよー知らんねんけど
九尾さんがそこにおいで~っていうてはる(・_・;)』




しのぶ:『・・・先生ってほんとに、伝説系とか不思議系とか
そういう知識って全くないよね・・・


(ムーも知らなかったしな~・・・(笑))



和尚さん:『とにかく急がないから一度来なさいって。
九尾一族も一族みんなでお前たちの事を応援してるからな~って。』




しのぶ:『そっかあ(^O^)嬉しいね~!もしかして
殺生石の辺りが九尾さん一族の里なんかなあ?




和尚さん:『ちょっと分からへんけど、でも
何かこれからの為に必要なものを
そこに行ったら授けて下さるみたいやで』




しのぶ:『そうなんやねあ、先生。これ見てみて~』




★殺生石の伝説
鳥羽上皇が寵愛したという伝説の女性・玉藻前が
正体が妖狐の化身であることを見破られ
逃げた先の那須の地で討伐されて石となったという逸話がある。

しかし石は毒を発して人々や生き物の命を奪い続けたため
「殺生石」と呼ばれるようになり
至徳2年(1385年)には玄翁和尚によって打ち砕かれ
そのかけらが全国に飛散したという。




しのぶ:『ほら~、九尾さんってこんな伝説があるんだよ。
でも、これって完全に九尾さんが悪者やんね~
九尾さんは遊ぶの大好きでいたずら好きだけど
こんな悪い事はされないから、何か尾ひれがついたのかなあ~(^▽^;)』



和尚さん:『九尾さんが"ふふふ"って笑ってはるよ^^
なんか指で石をくるくる回しながら
"人間ってそういう伝説とか好きやね~"って』




えっ・・・?(;・∀・)



しのぶ:『・・・・・その九尾さんがくるくるしてる石って
もしや殺生石・・・?




和尚さん:『・・・"石になんかなるはずないやろ~"っていうてはる』



しのぶ:『・・・・・・・・( ̄▽ ̄;)』



伝説は伝説で楽しいので
それはさておき・・・


お呼びがかかったのは3月くらいだったのですが
遠方だし、なかなか予定が組めなくて
何とかスケジュールを調整して準備をして
やっと、7月の最初に行かせて頂く事が出来ました。



電車を乗り継いで
レンタカーを借りて車で走り
やっとの思いで殺生石のある場所に
たどり着きました。



和尚さんは、この場所に来いと指示を受けて来ただけなので
ここからどうしたらいいのか分からず
殺生石の辺りをうろうろしていたら


突然目の前に
金色に光る体長50メートルはあろうかという
巨大な九尾さんが現れたのだそうです



(でっか~!!)



金色の九尾さん:『今から雨を降らせるからしばらく待て』


和尚さん:『は・・・はい(・_・;)』



(今から雨を降らせるって・・・・
どこかで雨宿りしてた方がええんかな・・・)



近くに小さな神社を見つけた和尚さんは
その神社の屋根の下までダッシュし
着いたとたん



バッサーーーーーーーー



と、土砂降りの雨が・・・・・

和尚さんギリギリセーフ



金色の九尾さん:『この雨はすぐにやむから帰るなよ』


和尚さん:『はい・・・』



一体これから何が起こるの~!?



次回に続きます☆

『九尾さんのいざない2。-九尾さんがくれた2つの玉。- 』


2019_09_11_04.jpg
那須町のゆるキャラ『きゅーびー君』☆
可愛い~( *´艸`)



ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはクウちゃんバナーから(*^^*)

2019年07月25日 (木) | 編集 |
和尚さんが修行先から送ってくれた写真が
とっても綺麗だったので抜粋してご紹介



2019_07_07_01.jpg


2019_07_07_03.jpg


2019_07_07_04.jpg


2019_07_07_02.jpg



ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




2019年06月01日 (土) | 編集 |
前回の続きです



仁和寺(にんなじ)の観音堂の
千手観音さまに呼び止められた和尚さん





千手観音さま:『あなたはどうしてこんな所で
うろうろしているんですか?』




(えっ・・・・・?うろうろ?)



和尚さん:『あの~、新聞で仁和寺さんの特別拝観の事をみたもんで
ちょっと帰りに僕も見たいな~って思って・・・・・』




千手観音さま:『あなたはこんな所に来ている時間はないでしょう?
そんな時間があるのであれば、神さまの治療の事を一人でも多くの人に
知ってもらう工夫努力をしなさい。
今のあなたには恐れるものはないでしょう?』






ぎゃーーーーーーー




千手観音さま怖いーーー


怒ってはる~!





しのぶ:『千手観音さまって怖いんやね・・・・・(´;ω;`)
観音さまって怒るイメージが全然なかった・・・・




和尚さん:『うん^^;千手さんは観音族の中でも
特に一番怖いからな~。でも、お厳しいお言葉やったけど
すごく僕らの事を応援して下さってるんやなっていうのは
伝わってきたで~』





しのぶ:『そっかあ・・・・』





千手さまはきっと

早く一人でも多くの
病気の人を救って欲しくて
あんな風に言われたんだと思いました



怖いだなんて思ってしまってすみません(>_<)



和尚さん:『でも、"あなたはこんな所でどうしてうろうろしてるんですか?"
って言われた瞬間、僕の体の大きさくらいの黒い物が
目の前に現れてコロコロしてるなって思ったら千手さんの目やって
ちょっと怖かったな~』




しのぶ:『・・・・千手さまって巨大なんやね・・・・・(;・∀・)』





修行の帰りに
千手観音さまに叱られてしまった和尚さん



それだけ、神さまたちが
病気で苦しむ人たちの事を心配されていて
そして、それを一人でも多く救って欲しいと
和尚さんに託しておられるんだなという事を感じさせられた
千手さまお怒り事件だったのでした。。。。


2019_05_29_02.jpg
和尚さんいわく、本物の千手さまも手がいっぱいあって
それがうにょうにょ~って立体的に動いているらしいですよ~



ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村


2019年05月31日 (金) | 編集 |
先日、和尚さんは京都と滋賀に
修行に行ってきました


京都で伏見稲荷さんへのお参りを
早朝に行かせて頂き、次に向かったのが
滋賀県の『白髭(しらひげ)神社』さん。


2019_05_29_01.jpg

白髭神社の神さまは猿田彦命(さるたひこのみこと)さまです。

実は猿田彦さまは
和尚さんとはとても関わりの深い神さまで
今回大切な用事があってお呼びがあったのですが
そのお話はまた後日書きたいと思います




白髭神社さんでのお参りが終わり、以前から
竹生島の弁天さまにも来るようにと呼ばれていたので
車を走らせていると



お不動さま:『今日は天候が悪くて、竹生島への船は
出ないだろうから帰りなさい』




と、お告げが・・・・!



天からの交通情報(?)は確実なので・・・
竹生島には寄らずに帰ることに



せっかくなのでその帰路の途中で
京都の仁和寺(にんなじ)さんに寄らせて頂く事にした和尚さん。



仁和寺さんは、現在特別拝観中という事で
普段は非公開の観音堂の壁画とご本尊の
千手観音さまやその他の仏さまが一般公開されているので
とても大勢の人でにぎわっていたそうです



和尚さんも、大勢の人に紛れて
観音堂を廻っていると



『あなたはここで何をしているんですか?』



と、どこからともなく声が・・・。




(えっ・・・?誰の声・・・?(・_・;)
僕じゃないよな?きっと誰かほかの人に話しかけてるんやな~)





と、その声をスルーする和尚さん。

すると又



『あなたですよ。』



と、再度さっきのお声が




そのお声の主は、なんと
仁和寺さんの千手観音さまだったのです~!



次回に続きます


ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村