FC2ブログ
神さまから不思議な力を授かった和尚さん♪病気を治したり神さまとお話ししたりそんな不思議が我が家の日常です☆
2015年12月31日 (木) | 編集 |
御年17歳のうちの最長老猫のロクちゃんは

少々白髪が増えてきた今日この頃ですが
家の周りをパトロールしたり
カンヅメをねだりにきたり
お寺に来るお客さんにお愛想ふりまいたり
毎日元気に過ごしています☆

2016-04_27_03.jpg


そんなロクちゃんですが、実は3年ほど前
重度の腎不全になりました


なんだか最近ロクの食欲が落ちてきたなぁ~って思ってて

夏だから食べにくいのかなぁとか
歳だから食欲減退してきたのかなぁとか
最初はあんまり深刻に考えていなかったのですが

そのうち、ドライフードのご飯を食べている姿をほとんどみなくなってきて
みるみるうちにロクが痩せてきて

そうしているうちに
大好きなカンヅメもねだりにはくるんだけど
器に入れて目の前に置くと食べたそうにはするけど
匂いを嗅ぐとうっぷってなってるような
そんな仕草をするようになってきて

これはちょっとおかしいんじゃないのということになり
動物病院へロクを連れて行きました

血液検査などの結果
かなり腎臓の数値が悪いとのことでした。


とりあえず、点滴をする事と食事療法を
動物病院のお医者さまにすすめられて
毎週点滴に通う事になりました。


お医者さまのお話によると
猫は元々腎臓がそんなに強くなくて
でも最近は食べ物とかで長生きする子が増えてるので
腎臓がその高齢になった時まで持たなくて
腎臓病になる猫が多いのだそうです。

しかも、腎臓の病気はなかなか気付きにくく
様子がおかしくなって、病院に来る頃には
腎臓にかなりのダメージを受けていることがほとんどなんだそうです。

そして、一旦機能の壊れた腎臓は元には戻らなくて
残っている機能をそれ以上悪くならないようにしていくことしか
できないのだと言われていました。

ロクの場合は本来の半分以下の腎臓機能しか残っていなかったと思います。


最初、点滴を続けていったら治ってくるものだと思っていた私たち。

でも、腎臓をそれ以上悪くしないようには出来るけど
壊れた腎臓の機能が治るということはないので
ロクの具合が良くなってきたら点滴の回数は減るかもしれないけど
辞める事は難しいとお医者さまに言われました(>_<)

ロクはもともと優しい性格の為か
とても怖がりで
動物病院に行くたびにひどく抵抗して鳴いて
病院に連れていくためのキャリーバッグを見るだけでも
怖がるようになり
だんだん私たちが近づくだけでもおびえるようになっていきました。

病院の点滴によって食欲は出てきて少しずつ元気になってはきたものの
腎臓病用のフードの味が苦手であまり食べず
しかも、家に居る時も常に病院に連れて行かれるんじゃないかと
おびえて過ごすロクの姿がかわいそうで。。。。(ToT)


みさえちゃん:『このままずっと病院に点滴に連れて行ってたら
ロクのストレスがおっきすぎるわ~(>_<)』


しのぶ:『でも、点滴しないと脱水症状になったり毒素がたまってしまうんでしょ?』

みさえちゃん:『でもやっぱりあんな悲痛なロクの鳴き声聞いてたらかわいそうだもん・・・
お医者さまに点滴の期間を少しだけでも長くできないかお願いしてみる・・・』



動物病院の先生に相談して、なんとか
1週間か10日に一度の点滴にしてもらいながら
和尚さんは合間を見ては
ロクがおびえないように近づいて治療をしました。

恐怖が身にしみついているのと
和尚さんの治療のパワーが痛いのか(私と同じ?( ̄▽ ̄;))
以前から和尚さんが治療をしようと手をかざすと
逃げて行ってしまうので
ゆっくり追っかけっこをしたり
隙を見ては眠っている時に治療したり
しばらくロクの治療を続けていきました。


すると、何度か治療をしていくうちに
だんだんロクの様子が変わっていきました。

食欲はもちろんのこと
なんだか体の動きが違ってきたというか

腎不全になってからは、あまり誰もこない場所で
ひっそりと眠ってる事が多かったのですが
以前のように家の中を歩いたり
外でひなたぼっこしたり
カンヅメをねだりにくるようになりました

点滴の間隔も1週間から10日、2週間、3週間と
だんだん長くなってきました


そして最終的にはなんと、点滴をやめることができたのです


ストレスで死んでしまうんじゃないかと思うぐらい
ロクがあまりにも点滴を嫌がっていたので
もう寿命としてあきらめて
ロクの好きなようにさせてあげたほうがいいのかな・・・
と、まで考えていた私たちでしたが

治療していくうちにロクはみるみるうちに元気になっていって
今現在でも、元気に毎日お寺猫として我が家で暮らしています

ご飯も腎臓病食ではなく、他の猫たちと同じように
大好きなカンヅメを毎日もらって食べています☆
もちろん、点滴も3年前にやめたままです。


神さまから頂いた、不思議な和尚さんの治療の力
病気を治す治さないを決められるのは神さまなので
和尚さんはただただ神さまの道具として
病気の人の治療をする毎日ですが

我が家では、こんな小さな奇跡も日々起こっています


ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村



関連記事
2015年12月29日 (火) | 編集 |
前回の記事、『あやさんとの出会い。』

あやさんが私のブログを読んでくれてて
コメントをしてくれてると書いたのですが

今日はあやさんがくれたコメントを紹介したいと思います(^O^)/


あやさんが最初にくれたコメント

『初めまして
いつもブログを楽しみに読ませて頂いております。
体調大丈夫ですか?
無理されませんように。 あや』 



このコメントを見た瞬間



え?( ̄▽ ̄;)



あやって・・・・・


あのあやさん?????(゜ロ゜;


えええええええ?


でも、初めましてとか書いてるし・・・
言葉遣いが妙に丁寧だし・・・・

ほんとにあやさん・・・・なの・・・・?



しのぶ:『ねぇねぇ、先生~』

和尚さん:『え~?』

しのぶ:『ちょっと私のブログのコメント見てみてよ~

和尚さん:『ブログのコメント?』

しのぶ:『ほらほら、ここみてよ~』

和尚さん:『ふんふん・・・・』

コメントをじっと見つめる和尚さん。


しのぶ:『このあやさんってあのあやさんだと思う?( ̄▽ ̄;)』

和尚さん:『そりゃ、しのぶの周りにあやっていうたらあのあやさんしかおらへんやろ~!』

しのぶ:『やっぱりあのあやさんなのかなぁ?』

和尚さん:『絶対そうやろ~!だって、あやさんパソコン得意とかいってたやん』

しのぶ:『そうだったら嬉しいけど・・・・霊さんからコメントもらうなんて、
なんか不思議な気分だね~^^』


和尚さん:『ほんまやなぁ~^^』

しのぶ:『私の知ってるあやさんですか?って返信してみるっ


それに対してのあやさんが返してくれたコメント

『こんにちは
あたり さすがやな
分からんように書いたつもりやったけどばれたか(^-^:)
あんたの姉ちゃんあれから大丈夫か?
全部意味あるからな怖がらんでええしな
私らから見たら普通の事やしな変ちゃうで
一人でも分かってくれる人がいたらそれで ええんちゃう
言うたって
あんたら あの人の理解者やろ(^-^)
それとな 
あんたもな冷やさんように無理せんように しいや
あんたは まわりに人がいっぱいおるし 理解者いっぱいおるし
幸せやで(^-^)v』



しのぶ:『せんせい!あやさんからコメント返ってきたよ~!』

和尚さん:『え?何て何て?^^』

しのぶ:『ばれたか・・・ってあやさん・・・・思いっきり名前"あや"って書いてるやんね・・・・(笑)』

和尚さん:『ばれてないつもりやったんやろか・・・あやさんおもろいな・・・・(* ̄m ̄)』

しのぶ:『それにしてもなんかさ、暖かいコメントだよね~

和尚さん:『そういえばご主人が、家でもあやさんしのぶの事『あの子大丈夫やろか~?』って
心配してくれてるって言ってたなぁ~』


しのぶ:『そうなんや~そんな事言ってくれてたんや~(*^^*)』

和尚さん:『しのぶはあやさんに愛されてるなぁ~』

しのぶ:『生きてる人間には愛されないけどね・・・・あはは( ̄▽ ̄;)(笑)』


この記事を書いている今現在(2015年12月下旬)
あやさんはもうすでに天国に帰っています


前回の記事を書きあげてアップする直前に
あやさんが天国に帰ってしまったので
どんな形であやさんの事を書いていこうかと迷いましたが

思い出を思い出しつつ
過去にさかのぼりながら
またあやさんが天国に行くまでの事を書きたいと思います


ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村



2015-12_29_01.jpg
仲良し女子2人。

関連記事
2015年12月27日 (日) | 編集 |
今日は、Kさんの中に入っている霊さんの一人
以前に書いた記事、『チョコのこと。』に登場した
あやさんの事をお話ししたと思います☆

あやさんは、Kさんの中に入っている生霊の活動を抑えるために
身動きが取れなくなっているヒロ君とやす子さんに代わって
霊さんと私たちの橋渡しをしてくれたり色んなアドバイスをくれている霊さんです(*^^*)

私にとってはお姉さんのような人というか・・・・
温かくて言葉に優しさがあって
お話ししてると元気になれるというか

頼れるアネゴ

って感じで

とっても身近に感じている霊さんです☆


あやさんと最初に出会ったのは夏ごろだったと思います。


ヒロ君が

『今日はちょっとやっかいなやつら連れてきたぞ~(ーー゛)』

と、言って連れて来てくれた霊さんたちの中の一人があやさんでした。


この日、ヒロ君が連れてきてくれた霊さん達は
みんな共通して、復讐心を抱いているという人たちばかりで・・・

でも復讐心といっても
そんなの抱いて当然だと思うような事ばかりでした。

信じていた人に騙されて殺されて遺体を海に捨てられた人。

義理のお父さんに殺されて埋められて
その上お母さんも殺されてしまった小学生の男の子。

その小学生の男の子のお母さん。

みんな犯人は捕まっていないのだそうです。

私が怒っても悲しんでも仕方がないのですが
どうして世の中には
そんなひどい事件が頻発していて

なおかつ
どうして犯人は上手く罪から逃れられて捕まらずにいるのか
ものすごく憤りを感じたのを覚えています。

そんな悲しい事情の人ばかりの中に居たあやさん。



何人かの霊さんが出てきてくれた後に
体育座りをしてじっと自分の手を見つめている仕草をしている霊さんが居て
最初おしゃれな女性の霊さんがネイルの具合でも見てるのかな?
と思い、

しのぶ:『あの・・・・手どうかしたの?^^』

あやさん:『体バラバラにされたから探してる・・・・』


・・・・・・


・・・・・・・


衝撃的なセリフに言葉も出てこない私。。。


和尚さん:『今日はここに来てくれて本当にありがとうね。
良かったらあなたのお名前教えてもらえる?』



あやさん:『あや』

和尚さん:『あやさんかぁ~、教えてくれてありがとうね^^
あやさんは年はいくつくらい?』


あやさん:『39』

和尚さん:『39歳かぁ、さっき体をバラバラにされたって言ってたけど犯人は分かってるの?』

あやさん:『うん、オトコ』

しのぶ:『・・・・それって恋人の人ってこと?』

あやさん:『そう』

しのぶ:『その恋人の人はまだ捕まってないの・・・?』

あやさん:『うん、殺されて体バラバラにされて埋められたからまだ発見されてない』


なんで・・・・

なんで恋人だった人にそんな事が出来るんだろう。。。
別れたいなら別れたらいいと思うけど
何も殺したりする必要はないし

しかもそれを隠すためにバラバラにするなんて・・・・

そんな人がいまだに捕まらないでどこかで生きて暮らしてるなんて
絶対納得できないし・・・・


和尚さん:『そうかぁ・・・、あやさんは自分の体を探したいから天国に行かなかったんやね?』

あやさん:『うん、私の体あんたら見つけてくれる?』

和尚さん:『そりゃ見つけてあげたいけど・・・・^^;だいたいどこらへんとか分かるもんなん?』

あやさん:『そんなんわからへんし~』


もう何か月も前の記憶なので
その時の事をあまり詳細には覚えていないのですが

あやさんは他の人のようにあまり相手の人に対しての恨みとか憎しみとかを
激しく表に出していなくて、体の事は気にしていたけれど
どちらかというと淡々としていたような
あっけらかんとしていたような印象が残っています。

それから時々他の霊さんと混じって
私たちの前に少しずつ出て来てくれるようになりました。


今では


和尚さん:『あやさ~ん!もうバラバラになってしもたんやからあきらめて天国行ったら~?^^』

あやさん:『もう!バラバラバラバラ言わんといてくれる!?(ーー゛)』

と、和尚さんとこんな冗談を言い合えるくらいの関係に☆


和尚さん:『なぁあやさん!ヒロもやす子も今どんな様子?無事なんか?』

あやさん:『えぇ~?私そんなん知らんし~!生霊のやつら臭いから近づきたくないねん!』

和尚さん:『そこをなんとか・・・!ちょっと鼻つまんで息止めてやな・・・!』

あやさん:『私は他に役目があるしな~』(ボソッ)

和尚さん:『ちょっと修行が足りひんのとちゃうか~

あやさん:『そんなんいうんやったらもう何も教えたらへんで?

和尚さん:『うそうそっ!僕らあやさんがおらへんかったらどないしたらええか分からへんし
めっちゃ頼りにしてるのに~^^』


しのぶ:『えっ?あやさんの役目ってなになに?』

あやさん:『さぁ~?あたし修行足らんし~?(*・ε・*)』

和尚さん:『だからうそやってば~^^;』

あやさん:『もう知らんし~(*・ε・*)』


とかなんとかいいつつ、最後にはいつも私たちに協力してくれる
あやさんなのです


最近あやさんは

『私はもう復讐は考えてへんし』

と、ぽつりとつぶやいていました。

何がきっかけでそんな風に思えるようになったのかは
私にははかり知ることはできないのですが


ちなみにあやさん。

このブログの読者です(笑)


実は・・・・


時々・・・・・・


コメントもくれてます\(^o^)/


驚きでしょう?


もともと生前、パソコンが得意だったというあやさん。

あやさんの時代に比べてコンピューターも進化して
全然違ってきてると思うのですが
Kさんがパソコンを使う様子をみて
あやさんも学習することができるらしく
ブログにコメント書いたり、Kさんのお仕事のお手伝いが出来るくらい
レベルアップしているそうです☆
すっごいですよね(^O^)/

コメントでは私の体調を心配してくれたり
いつも温かい言葉をかけてくれて
和尚さんとみさえちゃんと3人元気もらいっぱなしです


まだまだ書き足りないことがたくさんたくさんあるのですが
またまた他の霊さんとのお話しを絡めつつ
あやさんとの交流のことも色々書いていきたいと思います

ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村



2015-12_19_01.jpg
ひと切れちょうだい。
関連記事
2015年12月24日 (木) | 編集 |
時々、自宅に治療に行かせてもらっているAさん☆

持病の糖尿病の影響からなる心臓肥大で
定期的に病院で検査を受けています。


Aさんの治療をさせてもらっていていつも和尚さんが感じることは
Aさんの体の血のめぐりがすごく悪いという事。

心臓の影響からなのか、ふらついたりもよくするので
あまり一人で歩きまわることができません。
運動量も少ないし、家でじっとしている事がどうしても多くなってしまいます。

なのでいつも和尚さんの治療は
足の裏からはじまり、めぐっていない血液を全身に送る事から始まります。
その作業が終わり、やっと通常の治療に入っていくことができます


そんなAさんの治療に先日行った時のこと。

治療が終わってAさんが


Aさん:『先生、ありがとうございました。やっぱり先生の治療を受けると
体が熱くて熱くて~


顔がほんのりピンク色になっているAさん。

しのぶ:『Aさん、寒がりなのにいっつも途中でくつ下脱いだり、
ふとんはがしたりしてるもんね~


Aさん:『そうそう、体がカッカカッカしてきて汗がにじんできてね~^^;』


和尚さんの治療を受けて感じる事は
その人によって違ってたりしますが
だいたいの方は何かしら体の変化を感じる事ができます。

Aさんのように体の中からの熱さを感じる人もいれば
足の先から頭のてっぺんまで電気が走ったような感覚になる人もいますし

ちなみに私は和尚さんの治療を受けると
痛い部分の痛みが余計に増します

上手く言えませんが、痛い部分に電流をあてられているような
ビリビリじんじんしてきて
ぎゃおーって感じになってきて
それがしばらくするとだんだんましになってきて
元の痛みも一緒に楽になっているという。。。。。

痛みがとれるのは嬉しいけど、一時的とはいえめちゃ痛いし・・・( ̄▽ ̄;)


Aさん:『ところで先生、今日の私の体の具合はどうでしたか?^^』

和尚さん:『いや、なんかね僕も驚いたんやけど血のめぐりがすごい良かったんよ。
いっつもは血を体に送るのに時間がかかるから・・・・今日は楽な治療させてもろたよ~』


Aさん:『そうですか^^実はね、この前心臓の定期検査に行ってきたんですけどね』

和尚さん:『うんうん』

Aさん:『お医者さんに、心臓の大きさが小さくなってるよって言われたんです』

和尚さん:『へぇ~!良かったなぁ^^』

Aさん:『はい!なんか前は肺に届くぐらい大きくなってたのが大丈夫になってて
お医者さんもびっくりしてて・・・』


和尚さん:『そっかあ~^^僕は医学的なことはよう分からんけど
とにかく良くなっててほんま良かったなぁ~』


Aさん:『そのせいか、最近呼吸もなんか前より楽になったというか
しやすくなったというか^^』


しのぶ:『ほんとに良かったね~^^』


血の巡りが良くなって心臓が小さくなるのか
心臓が小さくなるから血の巡りがよくなるのか
私たちにはじぇんじぇん分かりませんが・・・・・( ̄▽ ̄;)


とにかくAさんが楽になってくれて良かったヽ(*⌒∇⌒*)ノ


Aさん:『あとこの前娘も先生に治療してもらったでしょ?』

和尚さん:『うんうん、良くなったって聞いたけど最近どない?』


Aさんの娘さんは2ヶ月ほど前から下血と腹痛とお腹の違和感みたいなものがあり
和尚さんの治療を受けて3回目くらいでほぼ症状が治まったそうです


Aさん:『はい、おかげさまであれからは下血もお腹の変な違和感もなくて
元気に仕事に行ってるんですけどね・・・ちょっと面白い話があって


しのぶ:『えっ?なになに?』

Aさん:『職場の健康診断がこないだあったらしいんですけど・・・なんと・・・・
娘の身長が1センチ以上伸びてたらしいんです!』



えっ・・・・?( ̄▽ ̄;)

娘さんって確か40前半ぐらいのはず・・・

それぐらいの年齢でも身長って伸びるもんなの・・・?


和尚さん:『へぇ・・・?(・.・;)』


Aさんの言いたい事がよく分からずキョトンとする和尚さん。


Aさん:『それだけじゃないんです。なんとね・・・・・・・』

和尚さん:『うん』

Aさん:『去年視力計ったら0.2だったのがこの前計ったら
0.7にアップしてたんですよ~



えぇ?


0.2→0.7に上がるって・・・・・


それって、メガネありからメガネなしでOKなレベルなんじゃ。。。。


Aさん:『この年で身長伸びたり、視力回復トレーニングもしてないのに
突然視力が上がったりするからこれはもしかして
和尚さんの治療効果なんじゃないかなって娘と話してたんですよ~^^』


和尚さん:『うーん・・・、それは僕の治療のせいかどうかは分からんけどなぁ^^;』

Aさん:『なんか体が活性化するパワーが出てるんですかね~』

和尚さん:『どうなんやろなぁ~、僕は手かざしてるだけで後は全自動やからなぁ・・・・( ̄▽ ̄;)』


うーーん、そっかあ・・・


和尚さんの治療に・・・・


病気を治す以外に・・・・・


そんな若返り効果があったとは・・・!(笑)


私も最近お肌が衰えがちなので治療を・・・(*´ェ`*)

とか言ったら、お不動さまに剣でバッサリ切られそうなのでやめときます( ̄▽ ̄;)


それが本当に治療のせいなのかどうかは分かりませんが
こういうお話は不思議と時々聞かせてもらいます


和尚さんの治療のパワーに若返り効果があるかはおいといて・・・


いつも明るくなんでもネタにして笑わせてくれるAさん☆

お不動さまも笑うのが一番病気に良いっておっしゃってるので
これからもいっぱい笑ったり
私たちを笑かしたりしてくださいね(* ̄ー ̄*)b

2015-12_18_01.jpg

ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村



関連記事
2015年12月21日 (月) | 編集 |
前回の記事、『ヒロ君のピンチ2。』の続きです☆



涙ぐんでいるようにも見えるサキさん。

なんか・・・・

お二人がどういう関係で
今までどんな事があったのかいきさつは詳細には知りませんが

なんかお互い大事に想ってるけど
ちょっとした事ですれ違ってしまったような・・・・
そんな気がしてなりません・・・・(>_<)


和尚さん:『でもね、サキさんがこんな風にKさんの体に入って苦しめてもね
サキさんにとって何にもいいことないんですよ
逆に、やったことは必ず返ってくるからKさんを苦しめた分
それがサキさんや子供さんたちに返ってきてしまうんです・・・・』


サキさん:『・・・・・・・子供は私が守る』

和尚さん:『それは神さまがされることだから誰にも止める事はできないです
だからね、難しい事かもしれないけど・・・・相手を許して愛してあげるんです』


サキさん:『・・・・・・・・・』

和尚さん:『いきなりは無理かもしれないけど・・・・少しずつでいいから考えてみて下さい^^』


Kさんの方を見ると
目をつむって下を向いてユラユラ揺れています。

あっ・・・・!サキさんがいっちゃったんだ・・・・

危ない!Kさんが倒れるぅう~!


と、慌てて後ろに倒れそうになったKさんをみさえちゃんがキャッチ。

ふ~っ・・・・、セーフ・・・



『ありがとうな!^^』

みさえちゃん:『あ・・・・やす子さん・・?』

やす子さん:『うん、ありがとうな』

和尚さん:『やす子、ヒロはどんな様子や?動けるようになったか?』

やす子さん:『ん~・・・・、黒いモヤモヤはだいぶ小さくなってんやけど・・・・・』

和尚さん:『一回ヒロと代われるかどうかやってみてくれへんか?』

やす子さん:『うーん・・・・・・・』


と、いって目を閉じたやす子さん。


しばらくすると

目を閉じたままの状態で右手を挙げて
『よっ!』みたいな仕草をするKさん。

しのぶ:『ヒロ君・・・?』

私の呼びかけに目を閉じたままかすかに微笑みながらまた手を挙げるヒロ君。

和尚さん:『ヒロ・・・・ごめんなぁ・・・・。僕らの為に・・・・』


和尚さんの言葉に笑いながら手を挙げるヒロ君。

しんどくて話すことはできないんだね・・・・・・(>_<)


和尚さん:『・・・・ヒロ・・・ごめんな、ありがとうな。
ヒロは僕との約束を守って頑張ってくれてるんやから
僕もヒロを助けるために全力を尽くすからな・・・・!待っといてな!』



微笑みながら右手を挙げてくれるヒロ君。
言葉はないけれど

『おぅ!期待せんと待っとくからお前がんばれよ!^^』

とでも言ってくれているかのようでした。
ありがとうね・・・・ヒロ君・・・・・。



ぱちっと目を開けて両手に何かを握る仕草。


やす子さん:『ほな、今日は帰るわな!ありがとうな!』

和尚さん:『ヒロ、出て来てくれたけどしんどそうやったなぁ・・・・』

やす子さん:『ん~、でも黒いモヤモヤがだいぶ小さなってたしだいぶラクになったんちゃう?』

しのぶ:『さっきのサキさんは本体の人の所に帰ったの?』

やす子さん:『ちょっとよー分からんけど・・・、でも生霊アイツだけちゃうしな』

えっ・・・?

生霊さんってそんなにたくさんいるの・・・・?



やす子さん:『とりあえず今日は私のまま帰るわ^^本人やったら体力もたんから』

和尚さん:『悪いな、やす子。ありがとうな』

やす子さん:『いいや^^』

しのぶ:『ありがとう、気を付けてね』

みさえちゃん:『ありがとうね、やす子さん^^
子供さんも・・・明日学校なのに来てくれてありがとうね』


ペコリと頭を下げる子供さん。


ご主人:『ありがとうございました^^』


えらいなぁ・・・。

色々と大変な状況なのに・・・・ご主人も子供さんもいつも明るくKさんや霊さんたちと
接したりお話ししているのは本当にすごいなぁっていつも思います。


やす子さん:『じゃあまた来るわな^^』

ご主人と子供さんを連れて颯爽と帰っていくやす子さん。



とりあえず一人の生霊さんとはお話が出来たけど・・・・・

まだヒロ君があまり動けないとなると
生霊さんっていうのはかなりやっかいな相手なのかなあ・・・・

なんか霊さんであるヒロ君たちより強力みたいだし

生きている人の思いっていうのはものすごいパワーなんだなぁ。。。。


今回書いたのは生霊さん編のほんの序章です。

これからどんどん生霊さんの勢力が増してきたり
また押し戻したり
和尚さんと生霊さんとの戦いが続いていきます。

戦いといっても争うわけではなく
お話しをして納得して帰ってもらうことなんですが
これがなかなか難しいです・・・・

でも今回生霊さんのサキさんとお話ししてみて
霊さんとお話しして思ったことと同じで
当たり前だけど私たちと同じ人間で

生霊になったからといって、暴れ狂って言葉も通じないとか
バケモノみたいになってしまうとか
そんな事はなくて

普通にお話ししてくれるし
病気の私を心配してくれる優しさもちゃんと持ってて・・・

私たちが普段他人には見せないようにしている
負の感情の怒りや嫉妬がストレートに具現化されたのが
生霊さんという存在なんだなあって感じることができました。

身近に感じたらいけないのかもしれないけど
私だって普通に持ってる感情だから・・・。

私も自分の知らない所で
誰かに生霊飛ばしてしまったりしてることもあるんだろうなぁ・・・・とか
色々考えさせられる除霊でした。


みなさんももしかしたら・・・・

知らないうちに生霊を飛ばしてしまってるかもしれませんよ・・・?( ̄▽ ̄;)

マイナスのパワーはプラスのパワーより出やすいらしいので
どうぞお気を付けくださいね。。。。


ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村



関連記事
2015年12月19日 (土) | 編集 |
前回の記事、『ヒロ君のピンチ。』の続きです☆


私たちの白々しい子供さん褒め褒め作戦が
功を成したのか・・・・?

は、謎ですが・・・・( ̄▽ ̄;)


やす子さんとはあきらかに違う
とても厳しい表情にKさんの様子が変わっていきます。

勉強している子供たちをにらみつけて
とても不機嫌そうな表情です。



ご主人:『あ・・・・たぶんあれ生霊です・・・』


わぁ・・・・・

本当に子供さんが勉強してると出てくるんだ・・・・


和尚さん:『生霊さん?出て来てくれてありがとうね^^』

生霊さん:『・・・・・・・・・・』(じろりと和尚さんをにらみつける)

和尚さん:『まぁまぁそんなににらまんと。良かったらお名前教えてくれますか?』

生霊さん:『サキ・・・・・』

和尚さん:『サキさんっていうんですね、教えてくれてありがとうね
ところでサキさんはどうしてこの人の体に入ってるんですか?』


サキさん:『コイツが憎い』

和尚さん:『Kさんが憎い?どうして?Kさんはあなたに何か悪い事しましたか?』

サキさん:『憎いもんは憎い』

和尚さん:『でもKさん、今こうやってこういう体質になってしまって
毎日毎日苦しまれてますよ?』


にやり、と笑みを浮かべながら

サキさん:『もっと苦しんだらええねん』

和尚さん:『Kさんをそこまで憎む理由が何かあるんですか?』

サキさん:『・・・・コイツは今まで何も苦労せんと自分の好き勝手に自由に
生きて来て・・・・その分私が我慢したり嫌なこと引き受けてきたんや・・・・』


和尚さん:『そっか・・・、サキさんは優しい人なんやね。今まで
Kさんの分まで頑張って助けてあげられてたんやね・・・・』


サキさん:『いっつも好き勝手してのんきやのに・・・
旦那も家も子供も手に入れて幸せそうで・・・・・もっともっと苦しめばええねん』



和尚さん:『サキさん結婚は?子供さんはいるの?』

サキさん:『主人と子供が2人』

和尚さん:『そうなんや^^ご主人も居て、可愛い子供さんも2人も居て
幸せじゃないですか?』


しのぶ:『子供さんは二人とも健康?^^』

サキさん:『もう手離れたけど、元気やし良い子らや』

しのぶ:『そっか~、きっとサキさんが自分の時間を犠牲にして一生懸命育ててきたからやね^^』

サキさん:『・・・・・・・』

和尚さん:『サキさん、幸せじゃないですか。この子なんてね、リウマチいう病気で手足不自由やし
旦那には捨てられるし、子供もいてへんし、何も持ってないんですよ~』



∑(゜ロ゜ノ)ノ


ちょっ・・・・・

ちょっとまったぁあああ・・・・・・

和尚さんてば・・・・

こ・・・・こんな所で私の黒歴史をみなさんの前で暴露しなくてもぉ~!(笑)


いやいや

これは霊さんの心を開こうという和尚さんの作戦なんだろうけど・・・・

確かに何も持ってませんが・・・・・

(たぶん捨てられてはないような気はするんだけど・・・・・)


・・・こんなとこでいきなり明かすのもアレですが
流れの都合上言っちゃいますが
私バツイチです、ハイ( ̄▽ ̄;)

まぁ、私のバツイチ話はおいといて・・・・



サキさん:『・・病気なん・・・?』

さっきとはちょっと表情が違ってきてて
少し表情が優しくなったサキさん。

とまどったような心配そうな顔で私に話しかけてくれます


しのぶ:『う・・・うん。今は結構元気だしだいじょうぶかな~^^;
でも、私はご主人が居て元気な子供さんが2人も居るサキさんが
幸せそうでうらやましいなぁ~☆』


サキさん:『・・・・・・・』

和尚さん:『色々サキさんはサキさんでご苦労をされてきたとは思うけど
みんな外からは見えてないだけで色々事情があったりするんよ』


しのぶ:『Kさんも色々苦しんだり悩んだりしてるけど
あんまりそれを外には出さない人なんじゃないのかなぁ・・・?』



サキさん:『・・・・嫌いやこんなヤツ!コイツ・・・・私がわざとコイツに迷惑かかるような事したり
意地悪で色々困らす事もしてやってんのに・・・・・・・・・
それでもニコニコして私にまとわりついてくるんや・・・・!』



・・・・

Kさんの知人のサキさんという生霊さん。

憎い憎いと吐き出すようにつぶやきながら

どこか苦しそうで悲しそうで

やりきれない感情が伝わってきます


しのぶ:『・・・・サキさんは本当はKさんが好きなんじゃ・・・?』

サキさん:『・・・・コイツのそういう所が腹立つし憎いんや・・・・・・』

和尚さん:『あなたが色々な事で迷惑かけてもそうやって慕ってくれるっていうのは
Kさんはサキさんのことをすごく信頼してるんじゃないかなと僕は思うけどね』


サキさん:『・・・それでも・・・どうしても憎い・・・・・・』



サキさん・・・・・


憎い憎いとつぶやくサキさんの目には
うっすら涙が浮かんでいるようにも見えます・・・。


次回に続きます☆

ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村


関連記事
2015年12月17日 (木) | 編集 |
ある日の夜のこと。

しばらくぶりに
Kさんのご家族の方から電話がかかってきました。

『なんかね、ヘビやす子が出て来て『ヒロが動けなくなってるから
急いで和尚さんのとこに行った方がええっ』て言うんです~



え・・・?


ヒロ君が動けなくなってるって


一体どういうことなの・・・?


Kさんご家族も私たちも全く事情が分からず
とにかくお寺に来てもらうことに・・・・・。



Kさんのご主人:『夜遅くすみません最近ヒロがあんまり出てこなくなってて・・・・・』

和尚さん:『何かあったんですか?』

ご主人:『なんかKの中に力の強い生霊(いきりょう)が来てるらしくて・・・・
そのせいでヒロの力が弱って動けなくなってるらしいんです』


しのぶ:『生霊・・・・』


生霊(いきりょう)というのは、みなさん耳にした事があるかもしれませんが
読んで字のごとし、生きている人間の怒り、恨み、嫉妬などの強い負の感情が
念となり、その相手の所まで飛んでいって害を及ぼすというものです。

霊さんがKさんの体に入るのはほとんど偶然というか
Kさんとは縁もゆかりもない霊さんがたまたま
光をたどってきたらKさんの体に入っていたというパターンが多いのですが

生霊さんはあまり認めたくはないけれど・・・
Kさんの知人の方です。

怒りや恨みや嫉妬の気持ちが生霊となるのですから
知った人であるというのは当たり前といえば当たり前なのですが。。。

それにしたって、しばらく来ない間にヒロ君がそんな事になってたなんて・・・・


Kさんの方を見てみると、両手に何かを握って体の前に出す仕草・・・

この仕草は・・・


やす子さん:『和尚さん、ヒロのこと助けたってな・・・』

和尚さん:『やす子、知らせてくれてありがとうな・・・・
ヒロは今どんな様子なんや・・・・?』


やす子さん:『んとなぁ・・・・黒いモワモワしたものを抑えて・・・
それに精一杯で身動きとれなくなってる感じ・・・・』


しのぶ:『黒いモワモワ・・・・・?』


和尚さん:『その黒いモワモワしたものが生霊なん?』


こくりとうなづくやす子さん。


やす子さん:『生霊はちょっとやっかいやで?』

ご主人:『家では出てくるんですけど・・・お寺さんに行くとなったら出て来なくなるんです』

和尚さん:『そうかぁ・・・・でもとりあえず出て来てもらわんとなぁ・・・・
やす子・・・なんとか生霊さんと代わることできひんか?』



ご主人:『あの・・・生霊と話をするために必要なキーマン(重要人物)やから連れて行けって
やす子が教えてくれて・・・・今日はこの子を連れてきたんです』



ちょこんとご主人の後ろから顔を出すKさんの子供さん。


しのぶ:『えっ・・?子供さんが・・・キーマン・・・?』



子供さんは以前にも一度一緒に来られたことがあるのですが
それからは一緒に来てなかったのに今日は一緒だから
どうしたのかなぁって思ってて。

子供さんは普段からお家で霊さんと接している時間が長いので
Kさんの突然の入れ替わりにも全然動じるようすもなくて、
むしろ、私たちより霊さん達との会話に慣れてて
ヒロ君ややす子さんとも仲良ししてたりするみたいなんですが


でも子供さんがキーマンって一体どういうことなんだろう・・・・?

私たちが意味が分からずキョトンとしていると


ご主人:『実は、今来ている生霊はKの知人で
Kの生活の様子や、特に子供の教育に関して嫉妬して逆恨みしてるみたいで
家で子供が勉強してる時によく出て来て邪魔したりするんです』



・・・・・


なるほど・・・・・・


子供さんの事に対して特にKさんをうらやんでいて


だから子供さんがキーマンなんだ・・・・


ということは・・・・

安直な考えだけど・・・・


ここで子供さんに勉強してもらえば・・・・・・?


(。+・`ω・´)きらりーん


みさえちゃん:『じゃあとりあえず勉強しましょ!』


そのつもりで勉強道具持参で来てくれてた子供さんとご主人☆

ちょうど居た、うちの甥っ子も巻き込んで除霊の途中でいきなりの
勉強ターーイム

私たちに協力してくれるべく、問題集を広げて見せつけるように
わざとらしく勉強を始める子供たち。


みさえちゃん:『うわ~!〇〇君頭いいんやね~☆』

しのぶ:『えっ?なになに?〇〇大学目指してるんやって?』


姉:『うわぁ~、すっごいね~!頭いいね~
〇〇も見習ってがんばらないとね~!』




ちょ・・・ちょっとしらじらしいかしら・・・・?( ̄▽ ̄;)


と、思いつつ

子供さん褒め褒め作戦を遂行する私たち

こんな超棒読み大根役者な演技に
生霊さんは上手く引っかかってくれるのかなぁ・・・


ちらりとKさんの方を見ると
みるみるうちに目が吊り上ってやす子さんとは全然違う
険しい険しい表情に変わっていきます・・・・


ご主人:『あ・・・・来ました・・・・・』


次回に続きます☆


ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村



2015-12_15_01.jpg
ひよこだいすき。
(なくしたので3つ目のひよこちゃん)

関連記事