FC2ブログ
神さまから不思議な力を授かった和尚さん♪病気を治したり神さまとお話ししたりそんな不思議が我が家の日常です☆
2018年07月13日 (金) | 編集 |


久しぶりに映画を観に行ってきました


"プライムシネマ"といって
良作だけれど、上映される機会が少ない映画を
月に一回一日だけ上映するという形式なので

当日まで見に行けるかどうか
ちょっと心配だったのですが
見に行けました~


若年性リウマチを患いながら
明るくて可愛い絵を描き続けた
カナダの画家の女性のお話で実話です。


ちょっとネタばれ書いてしまうので
映画をまだ観ていなくて観たい方は
ここから下は読まないでくださいね








子供のころから障害者として差別されて
兄弟や親族からも
邪魔者扱いされて
家を追い出される寸前。


そんな時に偶然目にした
家政婦募集の求人の貼り紙を見た所から
彼女の人生が動き始めます。



気難しい雇い主である後の旦那さんと
どこか楽天的で心の強い主人公の女性。
2人は少しずつ心を通わせていくのですが


私だったら初日で家政婦辞めて
泣いて帰ってるなあ・・・・(・_・;)

あの怖い雇い主さんに耐えながら
あんな環境が悪い所で暮らすなんて
自分には根性ないし
病気じゃなくても絶対無理だ、と思いました・・・・



でも、旦那さんとの結婚式のシーンは
印象的でした。


列席者が旦那さんの仕事仲間夫婦の
2人だけなのですが


本当に2人の事を
心から祝福してくれていて
本人たちもとても幸せそうで
素敵な結婚式だなあって思いました



以前、イエスさまに教えて頂いた


《3人の人に祝福してもらえる結婚式が美しいのです》


というお言葉は
こういうことをおっしゃられていたのかなあって
思い出しながら観ていました。



リウマチで体が不自由な上に
へんぴで不便な電気も水道もない家に住んでいて

画家として売れて有名になっても
その不便な家にずっと住んでいて
多くを望まず、質素に暮らし


『絵筆があれば幸せ』


といえる彼女の心は
とても豊かだったんだろうなあと思いました。



すごく素敵な映画でした


ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する