FC2ブログ
神さまから不思議な力を授かった和尚さん♪病気を治したり神さまとお話ししたりそんな不思議が我が家の日常です☆
2019年09月19日 (木) | 編集 |
7月の半ば頃
和尚さんは、栃木県の那須町にある
殺生石に行って来ました

※殺生石(せっしょうせき)・・・栃木県那須町の那須湯本温泉付近に存在する溶岩。



実は今年の春ごろに
九尾さんから殺生石に来るようにと
お達しがあったのです




和尚さん:『なあなあ、しのぶ~。今さっき九尾さんが来られて
"いつでもいいからまた殺生石に来なさい"って言われた~』




殺生石!?∑(゜ロ゜ノ)ノ



しのぶ:『殺生石って確か、悪さをした九尾の狐が石になったって
伝説のある殺生石のこと?』




和尚さん:『あちき、実はよー知らんねんけど
九尾さんがそこにおいで~っていうてはる(・_・;)』




しのぶ:『・・・先生ってほんとに、伝説系とか不思議系とか
そういう知識って全くないよね・・・


(ムーも知らなかったしな~・・・(笑))



和尚さん:『とにかく急がないから一度来なさいって。
九尾一族も一族みんなでお前たちの事を応援してるからな~って。』




しのぶ:『そっかあ(^O^)嬉しいね~!もしかして
殺生石の辺りが九尾さん一族の里なんかなあ?




和尚さん:『ちょっと分からへんけど、でも
何かこれからの為に必要なものを
そこに行ったら授けて下さるみたいやで』




しのぶ:『そうなんやねあ、先生。これ見てみて~』




★殺生石の伝説
鳥羽上皇が寵愛したという伝説の女性・玉藻前が
正体が妖狐の化身であることを見破られ
逃げた先の那須の地で討伐されて石となったという逸話がある。

しかし石は毒を発して人々や生き物の命を奪い続けたため
「殺生石」と呼ばれるようになり
至徳2年(1385年)には玄翁和尚によって打ち砕かれ
そのかけらが全国に飛散したという。




しのぶ:『ほら~、九尾さんってこんな伝説があるんだよ。
でも、これって完全に九尾さんが悪者やんね~
九尾さんは遊ぶの大好きでいたずら好きだけど
こんな悪い事はされないから、何か尾ひれがついたのかなあ~(^▽^;)』



和尚さん:『九尾さんが"ふふふ"って笑ってはるよ^^
なんか指で石をくるくる回しながら
"人間ってそういう伝説とか好きやね~"って』




えっ・・・?(;・∀・)



しのぶ:『・・・・・その九尾さんがくるくるしてる石って
もしや殺生石・・・?




和尚さん:『・・・"石になんかなるはずないやろ~"っていうてはる』



しのぶ:『・・・・・・・・( ̄▽ ̄;)』



伝説は伝説で楽しいので
それはさておき・・・


お呼びがかかったのは3月くらいだったのですが
遠方だし、なかなか予定が組めなくて
何とかスケジュールを調整して準備をして
やっと、7月の最初に行かせて頂く事が出来ました。



電車を乗り継いで
レンタカーを借りて車で走り
やっとの思いで殺生石のある場所に
たどり着きました。



和尚さんは、この場所に来いと指示を受けて来ただけなので
ここからどうしたらいいのか分からず
殺生石の辺りをうろうろしていたら


突然目の前に
金色に光る体長50メートルはあろうかという
巨大な九尾さんが現れたのだそうです



(でっか~!!)



金色の九尾さん:『今から雨を降らせるからしばらく待て』


和尚さん:『は・・・はい(・_・;)』



(今から雨を降らせるって・・・・
どこかで雨宿りしてた方がええんかな・・・)



近くに小さな神社を見つけた和尚さんは
その神社の屋根の下までダッシュし
着いたとたん



バッサーーーーーーーー



と、土砂降りの雨が・・・・・

和尚さんギリギリセーフ



金色の九尾さん:『この雨はすぐにやむから帰るなよ』


和尚さん:『はい・・・』



一体これから何が起こるの~!?



次回に続きます☆

『九尾さんのいざない2。-九尾さんがくれた2つの玉。- 』


2019_09_11_04.jpg
那須町のゆるキャラ『きゅーびー君』☆
可愛い~( *´艸`)



ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはクウちゃんバナーから(*^^*)
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する