FC2ブログ
神さまから不思議な力を授かった和尚さん♪病気を治したり神さまとお話ししたりそんな不思議が我が家の日常です☆
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
2020年06月25日 (木) | 編集 |
先日の朝の事です。

みさえさんが血相を変えて
外から走って帰ってきて


みさえ:『先生、しのぶ~!今ね、お隣の奥さんが
「うちの庭にケガして動けなくなっている猫がいるんですが
副重院さんとこの猫ちゃんじゃないですか?」って
写真見せてもらったらミーちゃんみたいだったから
連れに行ってくる~!(>_<)』


しのぶ:『え~!?ミーちゃんが・・・!?』


ミーちゃん、昨日は元気に
ご飯食べに来てたのに・・・

一体何があったの・・・?(>_<)



和尚さん:『みさえどないしたん?』


しのぶ:『なんか○○さんのお家の庭に猫が
ケガして動けなくなってて、ミーちゃんかもって・・・』



和尚さん:『ええ・・・・』


ところがすぐにみさえさんが
帰ってきて


みさえ:『ミーちゃんじゃなかった。
でも連れて帰ってきた。
ミーちゃんに毛並みがすごく似ててね。
足にケガしてて、そこが化膿して酷い事になってて
お腹とか骨が出てるくらいガリガリに痩せてて
きっとケガしたまま何週間もさまよってたんやと思う・・・・』



みさえさんが手に持った
猫用のカゴをのぞいてみると・・・


(´;ω;`)ウッ…


2020_06_25_01.jpg


そこには大人の猫にしては
とても小さくて
鼻の頭も剥げてて
やせ細ったボロボロの猫ちゃんが・・・・


しのぶ:『ひどいケガ・・・・。
しかもこんなに痩せて弱ってしまって・・・・。』


みさえ:『とにかく一度動物病院に行ってくる。
こんなに衰弱してるってことは
ずっと飲まず食わずだったと思うから
点滴で水分を補給してあげなきゃ』



と、すぐに近くの動物病院さんに行きました。


水分の点滴と
足のケガの所を綺麗にして
手当てもしてもらって帰ってきたのですが
とにかく衰弱がひどくて
身体も冷え切って体温が異常に低く
なってしまっていて
足も切断しなければいけないかもという
お医者さまの診断でした。。。


和尚さん:『かわいそうになあ。
一人で外でがんばって生きてたんやなあ』






しのぶ:『かわいそうに・・・・(>_<)
きっと気の弱い子でうちまで
ご飯食べにこれなかったんだろうね・・・・』




和尚さんが治療を始めて
しばらくしてから
猫ちゃんが初めて一鳴きしたので
元気になってきたのかと思ったのですが


和尚さん:『この子の魂の糸が切れかかってる。
神さまが天国に連れて行かれるって
決めはったみたいや』



しのぶ:『えっ・・・・・』


みさえ:『猫ちゃん、猫ちゃん・・・』


和尚さん:『その方がこの子にとって良いって
神さまが決めはったんやなあ・・』




そんな・・・

せっかくこれから元気になって
美味しいご飯もいっぱい食べて
少しずつうちの猫たちと仲良くなって
冬が来ても温かいお家の中で
暮らせるかなあって・・・

みさえさんが2階の部屋に猫ちゃんが
療養できる場所も作ってくれたし
先生がいつでも治療もしてくれるし

あんとくりはちょっとうるさいけど
めいしゃんや風ちゃんは
きっと仲良く遊んでくれるし
これから楽しい事もたくさんあるのに・・・

名前もまだ考えれてなくて
名前も呼んであげれてないのに

生まれ落ちてからずっとノラ生活で
毎日寝る所や食べ物を探して
さまよい歩いて

この子の一生で
少しでもほっと出来る時が
あったんだろうかと思うと
涙があふれてきて止まりませんでした。。。


2020_06_25_02.jpg


和尚さん:『魂の糸が切れたりくっついたりしてる。
神さまは天国に連れて行ってあげようとしてはるんやけど
助けてもらったから僕らの為に少しでも
生きなきゃって思ってるみたい』



みさえ:『・・・・・(T_T)』


しのぶ:『・・・・・・( TДT)』



動物の心は健気で
純粋すぎて
いつも胸が苦しくなります。。。


そして

命は神さまのものなのだと
実感させられます。


和尚さん:『僕らのためにがんばってくれて
ほんまにありがとうな^^
もういいんよ。あっちに行ったらノラ仲間の
ライちゃんがいるから一緒に遊んでくれるから
安心したらいいよ』



しばらく、こちらとあちらを
行ったり来たりしていた猫ちゃんですが
和尚さんのそんな声に安心したかのように
静かに息を引き取りました。。。


和尚さん:『助けてあげれなくてごめんな。
ほんまに今まで一人でがんばって
生きてきてえらかったなあ』



みさえ:『うんうん。がんばって病院にも行って
本当にえらかったね(T_T)』




猫ちゃんとは出会ってから
本当にほんの数時間だけしか
一緒に過ごせなかったけど

そんな少しの時間を過ごした
私たちのために
一生懸命生きようと
頑張ってくれて

猫ちゃんは私たちの事を
その純粋な心で幸せにしてくれました


お寺に来てくれて
本当にありがとう


猫ちゃんの名前
後になってしまったけど
決めました!

梅雨の時期に我が家にやってきた


つゆちゃん


つゆちゃん、ありがとう。
天国でどうかライちゃんと仲良く遊んでね


ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはクウちゃんバナーから(*^^*)
関連記事