fc2ブログ
神さまから不思議な力を授かった和尚さん♪病気を治したり神さまとお話ししたりそんな不思議が我が家の日常です☆
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
2023年11月30日 (木) | 編集 |
少し前の事です。
神さまが天国と地獄について
このようなお話をして下さいました



"自殺をしたから即ダメ

殺人をしたから

罪深いという風に

神さまはみられない



その理由を重んじる

どういう思いでしたかという事が

神さまには一番大事だから



天国に行ったから善人ではない

地獄に行かなかっただけで

たくさん課題がある

そこからまだやるべきことが

たくさんある



天国は安らぎがある

地獄には安らぎが一瞬もない

これが天国と地獄の

一番大きな違いです"




和尚さんは最近特に
神さまに中身だけ連れて行かれて
天国や宇宙をあちこち旅をして
色々な場所を見せて頂く事が
とても多いのですが
地獄に関してはあまり見せて
頂く事がありません。

なので、和尚さんから地獄のお話を
教えてもらう事は少ないのですが

でも、その少ない情報の中でも
地獄というのがとても
恐ろしい場所だという事が
伝わってくる時があります。



私が一番恐いと思うのが
神さまのお言葉の中にも
あったように



"一瞬たりとも安らぎがない"



という事です。



神さまがおっしゃるには
あの世には天国も地獄も無数にあって
それぞれの魂のレベルによって
いく場所が違うのだそうです。

それぞれの行く場所によって
大変さも違っているそうですが
天国はまだほっとできる時間が
あるのだそうです。

私たちが生きているこの地上でも
大変な事があっても
ご飯を食べたり、眠ったり
何かしらほっとできる瞬間というのが
わずかでもあるかと思うのですが
地獄にはそれが一切ないのだそうです


以前に和尚さんに
教えて頂いた地獄の中で
特に私が怖くて怖くて仕方がなかった
地獄の景色があるのですが


※ここから下の空白に
白い文字で書いてあるので
知りたい方は文字を反転させて読んで下さい
怖い方は読まないで下さい




-------------------------------------------

その地獄に落ちた人は
自分の体がギリギリ入るくらいの
細くて狭くて真っ暗な長い長い管のような中を
抜け出る事を目指して登っていきますが
でも終わりなく延々と登り続ける・・・
という物でした。


-------------------------------------------


こんな事を終わりなく
延々と数百年も
繰り返すことになるなんて。。。

私はこの地獄を想像するといつも
恐ろしくて泣きそうになるのですが
これは無数にある地獄のうちの
たった一つでしかなくて・・・



しかも、殺人を犯したからとか
泥棒をしたからとか
そういう犯罪や
表向きの悪事を犯した事が
即地獄へ行くという事ではなくて

その人の表面的なもの
社会的地位や栄誉なども
一切関係はなくて

その人がどういう思いでしたのか
それだけがあの世での神さまの
判断基準となるのです。



和尚さんが
地獄に連れて行かれた後に


和尚さん:『僕が見る限りやけど
こちらの世界で成功した人や
社会的地位の高い人とか
みんなにすごいなあって称賛された人が
あちらの世界では地獄や地獄に近い
場所におられる事が多いなあと感じるけど
あれはほんま不思議やなあ・・・・』



しのぶ:『えぇ~っ!?(>_<)
それってすごく意外というか
怖いものがあるんだけど・・・・。
だって例えば、私たちが素晴らしいなって
思ってたり、世間で高評価を得ている人達が
実は神さまから見たら・・って事・・?』



和尚さん:『うん。でも
もちろん全員っていう訳ではないよ。』



しのぶ:『でも確かに人間って知恵があって
取り繕う事が出来るから表向きの顔と
心の内っていうのは全然違ってる人も
きっといるだろうし、上手く罪から逃れて
いる人もいると思うけど・・・・』



和尚さん:『表に出る出ないや
社会的地位も評価も神さまには
関係ないからなあ。
ええっ!?こんな人が地獄に来てるの?
って驚く事がよくあるよ』



しのぶ:『そうなんだね。。。
例え、この世で犯罪者や罪にはならなくても
人を苦しめた事はどんなに上手に隠して
も神さまの目からは
逃れる事はできないんだね・・・』



和尚さん:『天網恢々(てんもうかいかい)
疎(そ)にしてもらさずってな』



しのぶ:『えっ?それって
どういう意味?』



和尚さん:『ことわざやけど
どんな人間でも神の目をかいくぐり
悪い事は出来ないって事やな』




検索してみると・・・・

天網恢々疎にしてもらさず
天の神が地に張り巡らした網は
ゆったりして粗いようであるが
決して漏らすことはなくそれに搦め捕られる。
すなわち悪事を行えば、一時的には逃げおおせるなど
うまくいったように見えるが、結局は捕らえられ
その報いを受けるということ】





和尚さん:『あと、よくみんな勘違いするけど
地獄に落ちたからといって罪を償った事には
なりませんからねって神さまがおっしゃってる』



しのぶ:『えっ・・・?
地獄って罪を償う場所じゃないの・・・?』



和尚さん:『地獄はあくまでも
その人を反省させる反省部屋なんやって。
あの世では罪を償う事は出来ないから
罪を償う為にはもう一度生まれ変わって
苦しめた人と同じ量の苦しみを自分が
味わうしか償えないんだよって。
天国も同じで、天国で魂のレベルを上げる事は
出来ないから、上のレベルの場所に行きたかったら
この世に生まれてきて、苦しい事をたくさん経験して
魂のレベルを上げるしかないんやけどね。』




神さまはよく天国も地獄も無数にあって
それぞれの魂のレベルによって
いく場所が違うっておっしゃるけど
天国でも課題があるって事は何かしら
しなければいけない大変な事があって
でも、天国では魂のレベルを上げる事ができなくて

さらに地獄では一瞬の安らぎも与えられない
一番苦しい反省部屋で・・・
しかもそれだけ苦しんでも
罪は償えないという・・・


しのぶ:『人間って、そんな風に
延々とこの世と天国と地獄とを
ぐるぐるする事を繰り返してるのかなあ。。。。』



神さまがおっしゃられる
この世に生まれてくる理由は
たった2つです。



・罪の償いの為

・魂の成長の為




この2つが完成した人は
もう生まれてこないって
ことなのかなあ。。。。



でも、この世と天国には
安らぎがあるけれど
地獄には一切ないという事
この事を心に留めて

自分は犯罪を犯していないから
善人で天国に行けるなんて
思い上がることなく

日々、周りの人たちに思いやりの心で接して
自分勝手な思いで迷惑をかけないように
生きていかなければいけないと思いました


ランキングに参加しています(*^^*)
いつもぽちっと応援ありがとうございます☆
とても励みになっています!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村




お寺のホームページはこちらから☆

2023_11_27_02.jpg
とっても可愛い【ねこもにゃか
を頂きました(n*´ω`*n)
猫グッズを頂くとテンション上がる私たちです♪
こんなに可愛いお菓子を捜して下さって
ありがとうございます
関連記事