FC2ブログ
神さまから不思議な力を授かった和尚さん♪病気を治したり神さまとお話ししたりそんな不思議が我が家の日常です☆
2015年12月31日 (木) | 編集 |
御年17歳のうちの最長老猫のロクちゃんは

少々白髪が増えてきた今日この頃ですが
家の周りをパトロールしたり
カンヅメをねだりにきたり
お寺に来るお客さんにお愛想ふりまいたり
毎日元気に過ごしています☆

2016-04_27_03.jpg


そんなロクちゃんですが、実は3年ほど前
重度の腎不全になりました


なんだか最近ロクの食欲が落ちてきたなぁ~って思ってて

夏だから食べにくいのかなぁとか
歳だから食欲減退してきたのかなぁとか
最初はあんまり深刻に考えていなかったのですが

そのうち、ドライフードのご飯を食べている姿をほとんどみなくなってきて
みるみるうちにロクが痩せてきて

そうしているうちに
大好きなカンヅメもねだりにはくるんだけど
器に入れて目の前に置くと食べたそうにはするけど
匂いを嗅ぐとうっぷってなってるような
そんな仕草をするようになってきて

これはちょっとおかしいんじゃないのということになり
動物病院へロクを連れて行きました

血液検査などの結果
かなり腎臓の数値が悪いとのことでした。


とりあえず、点滴をする事と食事療法を
動物病院のお医者さまにすすめられて
毎週点滴に通う事になりました。


お医者さまのお話によると
猫は元々腎臓がそんなに強くなくて
でも最近は食べ物とかで長生きする子が増えてるので
腎臓がその高齢になった時まで持たなくて
腎臓病になる猫が多いのだそうです。

しかも、腎臓の病気はなかなか気付きにくく
様子がおかしくなって、病院に来る頃には
腎臓にかなりのダメージを受けていることがほとんどなんだそうです。

そして、一旦機能の壊れた腎臓は元には戻らなくて
残っている機能をそれ以上悪くならないようにしていくことしか
できないのだと言われていました。

ロクの場合は本来の半分以下の腎臓機能しか残っていなかったと思います。


最初、点滴を続けていったら治ってくるものだと思っていた私たち。

でも、腎臓をそれ以上悪くしないようには出来るけど
壊れた腎臓の機能が治るということはないので
ロクの具合が良くなってきたら点滴の回数は減るかもしれないけど
辞める事は難しいとお医者さまに言われました(>_<)

ロクはもともと優しい性格の為か
とても怖がりで
動物病院に行くたびにひどく抵抗して鳴いて
病院に連れていくためのキャリーバッグを見るだけでも
怖がるようになり
だんだん私たちが近づくだけでもおびえるようになっていきました。

病院の点滴によって食欲は出てきて少しずつ元気になってはきたものの
腎臓病用のフードの味が苦手であまり食べず
しかも、家に居る時も常に病院に連れて行かれるんじゃないかと
おびえて過ごすロクの姿がかわいそうで。。。。(ToT)


みさえちゃん:『このままずっと病院に点滴に連れて行ってたら
ロクのストレスがおっきすぎるわ~(>_<)』


しのぶ:『でも、点滴しないと脱水症状になったり毒素がたまってしまうんでしょ?』

みさえちゃん:『でもやっぱりあんな悲痛なロクの鳴き声聞いてたらかわいそうだもん・・・
お医者さまに点滴の期間を少しだけでも長くできないかお願いしてみる・・・』



動物病院の先生に相談して、なんとか
1週間か10日に一度の点滴にしてもらいながら
和尚さんは合間を見ては
ロクがおびえないように近づいて治療をしました。

恐怖が身にしみついているのと
和尚さんの治療のパワーが痛いのか(私と同じ?( ̄▽ ̄;))
以前から和尚さんが治療をしようと手をかざすと
逃げて行ってしまうので
ゆっくり追っかけっこをしたり
隙を見ては眠っている時に治療したり
しばらくロクの治療を続けていきました。


すると、何度か治療をしていくうちに
だんだんロクの様子が変わっていきました。

食欲はもちろんのこと
なんだか体の動きが違ってきたというか

腎不全になってからは、あまり誰もこない場所で
ひっそりと眠ってる事が多かったのですが
以前のように家の中を歩いたり
外でひなたぼっこしたり
カンヅメをねだりにくるようになりました

点滴の間隔も1週間から10日、2週間、3週間と
だんだん長くなってきました


そして最終的にはなんと、点滴をやめることができたのです


ストレスで死んでしまうんじゃないかと思うぐらい
ロクがあまりにも点滴を嫌がっていたので
もう寿命としてあきらめて
ロクの好きなようにさせてあげたほうがいいのかな・・・
と、まで考えていた私たちでしたが

治療していくうちにロクはみるみるうちに元気になっていって
今現在でも、元気に毎日お寺猫として我が家で暮らしています

ご飯も腎臓病食ではなく、他の猫たちと同じように
大好きなカンヅメを毎日もらって食べています☆
もちろん、点滴も3年前にやめたままです。


神さまから頂いた、不思議な和尚さんの治療の力
病気を治す治さないを決められるのは神さまなので
和尚さんはただただ神さまの道具として
病気の人の治療をする毎日ですが

我が家では、こんな小さな奇跡も日々起こっています


ランキング参加中です♪
いつもポチッとありがとうございます☆めっちゃ励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 姫路情報へ
にほんブログ村


関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する